AND SPACEの基本姿勢

AND SPACEはなんてったって素直さが売り!見栄も恥も執着も全部捨てて、真正面から向き合います。
では、なぜAND SPACEはそこまでぶつけあいたがるのか?本音同士の会話によって生まれる利点とは?

分かりあえるまでとことん

企画にあたり、商品や会社のことを全部聞かせてください。
商品は何らかの目的を持って、会社から生まれたもの。
一見、広告する商品に直接関係ないと思われるようなことでも、実はすべて繋がっています。
価値あるクリエイティブのためには、商品はもちろん、会社全体への理解が欠かせません。

欠点だって大事な要素

「デザイン」は商品の魅力をより良く伝えるためのツールです。
さらに言うと、優れたデザインは商品の良いところだけでなく、欠点をカバーすることさえもできます。
だから、ごまかしたり恥ずかしがったりせず、商品の良いところも悪いところも全部教えてください。
そのほうが良いデザインができちゃうんです。

「言えなかった」はもったいない!

自信がない、言う必要がない、立場上言いにくいなど、理由はさまざまあれど、発言し損ねてしまうことで、大きなチャンスを逃している場合があります。
お客様には特に大事に感じないことでも、それは制作側にとっては重要な情報かもしれません。
ふとした意見で結果が大きく変わってくる可能性があるので、何でも自由にお話しください。

最新の自分=最高の自分であるために

過去にどれだけ立派な作品を作ったとしても、明日もすばらしいものが生まれるとは限りません。
ITシステムも業界のトレンドも、刻一刻と変化していきます。だから、一人前のクリエイターは常に変化を惜しみません。
成長のためには、常日頃からアンテナを張って、積極的に意見交換をおこない、新しい知識や他者の意見を素直に受け入れることが必要です。