スタッフ紹介

ぶつけあい大好きっ子の集い、AND SPACEのスタッフをご紹介します。
デザインのみならず、多方面で経験を積んだスタッフが多数在籍。
それぞれの個性に合った役割で、充実したクリエイティブを実現します。

プロフィールは鈴木が聞いて書いております

谷川 純平

アートディレクター_コピーライター_代表取締役

堀岡 定則

ディレクター_取締役

伊藤 健太郎

プロデューサー_取締役
(株式会社トランジスタ所属)

後藤 紳也

Webディレクター
[ Webチームの偉い人 ]

足立 志帆

コーダー

小松 和代

デザイナー_ディレクター
[ グラフィックチームの偉い人 ]

今井 裕二

デザイナー_ディレクター

飯澤 雄司

デザイナー_ディレクター

中内 理世

デザイナー

小田垣 鈴鹿

イラストレーター_デザイナー

佐々木 奈宜子

コピーライター_ディレクター

橋田 耕介

コピーライター_フォトグラファー_ディレクター

milk

バーテンダー

永松 栄一

システムエンジニア
(株式会社キュービック所属)

永岡 雄大

ジュニアディレクター

谷川 純平

アートディレクター_コピーライター_代表取締役

「本気でぶつかる」第一人者。17歳でロンドンへ短期留学。18歳でデザイナーを目指し制作会社に入社。次第に個人での受注が増え、23歳でフリーランスに。現在はディレクションを軸に、目標達成に対して様々なアプローチを提案するコンサルタント的役割を色濃くしている。座右の銘は「どうせなら全力」。株式会社デリシャステイク取締役、株式会社BOB不動産取締役兼任。肩書が多いため胡散臭いが、会ってみるとホントに胡散臭い(がんばれ!)。

堀岡 定則

ディレクター_取締役

外回りの開放感がたまらない、スノーボード大好き営業マン。親の転勤により、日本各地を転々と移住したことが現在の営業職のきっかけとなった。大学在学中に約半年間バックパッカーとしてアジアを放浪。26歳で同期4人とフリーランスで1年活動する。その際、仲間内で自分にしか「仕事を受注する」視点がないことを実感し、営業職に使命感を持つようになる。今後は、営業とディレクション、スノーボード技術のさらなる強化が目標。

伊藤 健太郎

プロデューサー_取締役(株式会社トランジスタ所属)

人のためなら無限に頑張るが自分のためだとポンコツになる企画屋気質のプロデューサー。イベントを軸としたトータルプロデュース会社トランジスタの代表取締役。AND SPACEでは主に案件のプロデュース&ディレクションを行いながら、谷川と同じ経営視点を持った社外取締役として身を置く。元熱烈バンドマンで、現在もバンド活動は継続中。音楽と人とお節介が大好きな可愛い兄貴肌。初対面は凄い胡散臭いが、そうでもない普通に良い人。

後藤 紳也

Webディレクター [ Webチームの偉い人 ]

こっそりフォローが上手なWeb開発部長。人に合う色や形を探すのが好き。美容師として6年間働くも、グラフィックデザインに興味を持ちはじめる。友人の紹介で谷川と会うも「今更グラフィックは無理」とこけおどされる。その悔しさをバネに独学でWebを勉強し、やがて谷川と仕事をするようになる。徐々に信頼関係が確立されてゆき、AND SPACEに入社。丁寧な仕事と、キレイなソースを書くことに定評あり。

小松 和代

デザイナー_ディレクター [ グラフィックチームの偉い人 ]

高知出身のAND SPACEのオカン的存在。生来、絵を描くことが大好きで、壁に描いては親から目玉を喰らっていたほど。専門学校卒業後は印刷会社・広告代理店で10年以上デザイナーを務める。高知県美術展覧会グラフィック部門で最高権威の「特選」を受賞するなど、商業デザインとは違ったベクトルの作品づくりも活動中。紙からWebまで、クラシック・流行りのテイスト、デザインなら何でもござれで幅広く活躍中。

足立 志帆

コーダー

2017年に成人したてながら、家族を支える鳥取出身の家族大好き娘。なんとなくふんわりと情報系の仕事に興味があった為、デザイン専門学校にてWebデザインを専攻する。講師の谷川から、真面目ぶりが買われてスカウトされ、インターンを経験後、入社を決める。コミュニケーションに対する苦手意識はあるものの、コーディング作業は楽しく、学べる事を嬉しく思っている。実家を離れてからは、趣味のTRPGを思う存分堪能している。

今井 裕二

デザイナー_ディレクター

幼少期に鎌鼬に腕を斬られた男(本人談)。学生時代はバスケに没頭。得意な絵と、好きなスポーツで仕事がしたいと考え、専門学校卒業後はバスケグッズメーカーに入社。2年間勤めた後転職し、2社目で谷川と出会う。デザイン部部長まで出世するも、独立のため退職。谷川から外注として仕事を受ける中、声をかけられ入社、現在に至る。全てにおいて信頼が厚く面倒見がよい。ディレクション力の更なる向上を目指し、日々仕事に取り組んでいる。

飯澤 雄司

デザイナー_ディレクター

福島県出身、思春期まっただ中の“ファンキー・パーリー・デザイナー”。大学でプロダクトデザインを学ぶも、広告の道に進むならグラフィック!と回れ右。その後、就職した会社でチーフデザイナーを長年務める。いかにも“はえ抜き”に見えるが、谷川の熱意あふれる“引っこ抜き”でAND SPACEに仲間入り。あらゆるデザインテイストを器用にこなすオールラウンダーであり、どんな話題にもいっちょ噛みする根っからの討論者。意気込みは良いが、なんせ、運動神経と往生際が悪い。

中内 理世

デザイナー

「体力・集中力・うわばみ」が揃った脅威の若手。絵・アニメ・演劇、グラフィックに関する事が好きで専門学校に進学。講師の谷川から真面目ぶりが買われてスカウトされ、インターンを経験後、入社を決める。子供の頃から続けていた陸上と水泳により培われた体力は仕事でも生かされ、鬼の集中力は全社員の知るところ。お酒の強さも全社員の知るところ。今後はデザインの幅を増やし、作業スピードアップが目標。シルバニアファミリーの後頭部フェチ。

小田垣 鈴鹿

イラストレーター_デザイナー

歩きはじめた子供のように何にでも興味津々。人生の分岐点では「絵が好き」という気持ちを軸に選択をしてきた。イラストレーターとして3年間勤めた会社が廃業、次の仕事を探している中、BAR AND SPACEが目にとまる。ポートフォリオを持っての売り込みで作品と意気込みを買われ、AND SPACEの一員となる。人を驚かせたい、感動させたいという想いが強く、仕事を通して「お客様に120%喜んでいただく」ことが目標。おっとりした話し方ながら、気質は熱い。

橋田 耕介

コピーライター_フォトグラファー_ディレクター

京都出身の渋みがすごい渋男。幼い頃から仏像や寺社の魅力にとりつかれ、子供ながらにお寺の写真集をおねだりするほど。物書きの原点は、大学時代に漫才コンビを組んだ際の台本づくり。その後、寺社仏閣専門誌を発行する会社に9年半勤務。仕事のモットーは、相手の立場と反応を考え、物事が誤解なく伝わるための気配りと言葉選び。座右の銘は「笑われるより笑かしたい」。幼少期から続ける野球は、早打ちの癖が抜けない。

佐々木 奈宜子

コピーライター_ディレクター

きっちり系おしとやか美人ライターと見せかけて、実際はツッコミ気質の関西人。印刷会社の営業と取材ライターを経験後、独立。外注先を通じてAND SPACEを紹介され、現在はディレクションとコピーライティングをおこなっている。熱しやすく冷めやすいミーハータイプ。そのため、特定の分野だけ妙に詳しく、ライティングに活かしたり、活かさなかったり…。飲み歩きの毎日から身につけた社交性を武器に、人に焦点を当てた取材とコピーを得意としている。

milk

バーテンダー

小さな体に大きな心と通る声で、存在自体がマスコット。足立・中内・前野とはデザイン専門学校の同期で、授業を介し講師の谷川と知り合う。卒業後も交流があり、谷川からの「バーテンダーをやらないか」という声かけに対し、二つ返事でOK。外見の雰囲気からおばかキャラに見られることも多いが、その後の評価は決まって一転し、真面目で一途。お店の運営は然ることながら、みんなの憩いのBARにすることが目標。

永松 栄一

システムエンジニア(株式会社キュービック所属)

堀岡の前職のシステムを一任していた経緯から、数年後堀岡と再会した際、改めて繋がる。現在では、AND SPACEのシステム案件を一任されている。仕事の評価は「早くて粗い」。粗くとも早さを優先する理由は「実際の使用感」を最重要視し、修正確認の回数を意図的に増やす為。そうする事でシステム開発で欠けがちなユーザー目線に重きを置き、結果リピーター獲得に繋げられる自負と実績がある。どこまでも開発のスピードをあげる事が目標。

永岡 雄大

ジュニアディレクター

出身地は中国雲南省かブータン。始皇帝の末裔との言い伝えを心底信じている。曽祖父が鵜匠。曾祖母が飛脚。実父がアルピニスト。義父がわくわくさん。母がセイコーマートでパート。「タケル」という名の兄は自治会長。蚊にさされやすい姉が演歌歌手。あと、義母はアイコ。幼少期のあだ名は「アルプス一万尺」。友人と訪れた縁日で、「スーパーボールはすくうもんじゃない」と言ったばかりに孤立。以来、「本当にすくうべきもの」を追い求める。あんまり人には言っていないが、バンクシーとおな中。シャドームーン(仮面ライダー)にあこがれ、中2から●●尊師に従事。好きなゲームは「クラッシュ・バンディクー」。高校時代、とんこつラーメンが自慢のお店でアルバイト。日夜、ケンタッキーの骨で出汁をとる。まかないは言わずもがな。高2で「永岡メソッド」を開発。稼いだ2億で競走馬3頭を衝動買いするも、全馬未勝利で安楽死処分。決勝進出間違いなしと思われたお笑いコンテスト「The W」への出場は金欠のため断念し、ホストクラブへ勤務。それ以来、好きなビールは「コロナ」(石油ストーブのメーカーと勘違いされることが気にくわない)。気前のいい厚化粧のマダムから競走馬3頭を譲り受け、大学へ進学。東大院卒。いろいろあったけど、黄金聖闘士(ゴールドセイント)として社会人デビュー。特技は、特定保健飲料の全種類を発売日順に言えること。妻との出会いは、覚えたてのTikTok。八甲田山の山小屋での初デートにワクワク。暖炉の火の強弱を巡ってひと悶着するも、アルペン踊りをさぁ踊りましょ。妻は、どこかしら、尊敬するチェ・ジウに似ている。プロポーズの言葉は「お前の喪主になりたい」。妻からの返事は「灰」。妻はいつも、「おい」と呼べば「はい」と言う。ハネムーンで訪れたのは雲南省かブータン。ある晩、「影が美しいのか?月が美しいのか?」(シャドームーン論争)を巡ってひと悶着。小槍の上でアルペン踊りを踊って仲直り。習いごとがピアノとマンガ道の一人娘は、Vチューバーとしても活躍中。2人目の一人娘は自転車通学中(SHIMANOヲタ)。昨今の登下校は心配で仕方がないが、目元と鼻筋がチェ・ジウに似ている。人生最大の喜びは、幼少期の父との自由研究。人生最大の屈辱は、僕の大好きなクラリネットを鵜に丸呑みされたこと。好きな食べものは「野生のウサギ」と「フォアグラの踊り食い」。この国では舌が肥えているほうと自負している。座右の銘は、先祖代々「中華統一」。自宅ではオリーブヒメウミガメを飼っている。また、庭には2羽ニワトリがいる。