第6回0から始めるAdWords(アドワーズ)のオハナシ[Google AdWords]

Date: 2017/12/23

第6回0から始めるAdWords(アドワーズ)のオハナシ[Google AdWords]

前回の「キーワード その1(基本)」の説明に続き、
今回は、「キーワード その2(分析)」のオハナシです。

前回の記事での説明では、キーワードとターゲットニーズの関係性を説明しました。
今回はもう少し深掘りした、広告運用初動の精度を上げるため説明になります。

リスティング広告は、広告費されあれば検索結果の1位が簡単に取れる単純な仕組みです。
単純な仕組みなのに難しいのは、「広告費を抑えて結果を出すこと」が目的になるから難しくなることを再認識しましょう。

広告展開の環境分析

リスティング広告運用での成功は、下記3点を徹底的に分析することが重要です。

市場(ターゲット)

ターゲットはどんなキーワードで検索をしているのかを分析。
※前記事 「キーワード その1(基本)」で説明

自社の強み

自社のサービス、強みに関係するキーワードを分析。

競合他社

他社のサービス、強みと関係するキーワードを分析。

大変面倒なことだと思いますが、
失敗しないためにも細かく分析をおこなってください。

初動で失敗している原因の90%以上が3点の分析不足です。
そして特に多いのが、市場・自社の強みを意識しても競合の分析が抜けていることです。

なぜ、ここまで分析することが必要か・・・

リスティング広告は、
ターゲットが検索する決められた範囲(市場)で、自社のサービスをアピールした広告(自社の強み)を展開しますが広告展開はあくまでも他社との競争だからです。
競合他社のサービスが自社よりも良かったり、競合他社の広告が多いと、コストばかりかかって効率が悪くなる可能性があります。

これを回避するためにも、
「ターゲットニーズ」があり、「自社の商品・サービスの強み」があり、「他社と比べても勝てる」見込みの高いキーワードを探します。
更にこのキーワードが多ければ多いほど、リスティング広告成功への道に近づきます。

自社・競合他社を調べるツール紹介

ツールを利用する際の注意点として、
分析情報は必ず正しいという訳でなく、ここから想像を膨らますためのツールとして認識してください。

SEOチェキ

adwords_06_001
http://seocheki.net/

競合サイトのURLを入力するだけで、以下の情報を取得することができます。

・title/meta description/meta keywords/h1タグ
・内部リンク数/外部リンク数
・最終更新日時/ファイルサイズ/読込時間
・Googleページランク/Alexaランキング
・Google/Yahoo!の被リンク数/インデックス数
・利用ホスト/ドメインの登録年月日
・ソーシャルサービス系のシェア数(Twitter/Facebook/Google+/はてブ)
・キーワード検索順位チェック
・キーワード出現頻度チェック

Google AdWords キーワードプランナー

adwords_06_002
http://adwords.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

競合調査ツールではないのですが、競合サイトで検索されているキーワードの抽出ができます。
使い方は、「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」 > 「ランディングページ」という項目に競合サイトのURLを入力するだけです。

「ランディングページ」と「キーワード」と「広告費」は、リスティング運用において重要な連動性をもっているため、出現数の多いキーワード は広告展開されていると考えて間違いないです。

まとめ

キーワード選定における重要な事項

・目的・目標の設定
・ターゲットニーズ(市場)の分析
・自社の商品・サービスの強みの分析
・他社の商品サービスの強みの分析

ここを抑えておけば、
リスティング広告のキーワード選定においては大きく失敗することは無くなります。

AdWords(アドワーズ)広告での「キーワード その2(分析)」のオハナシは以上になります。

次回は、
「キーワード その3(補足)」について、オハナシします。