maeno_title_180405

Date: 2018/04/05

時間短縮のため、会社用に同じ服を複数枚買ってみた

マエノです。
好きな言葉は「おやすみ」です。

唐突ですが、私は会社に着て行く用に同じTシャツ?みたいなやつを複数枚持っています。 ↓そいつがこちら↓

IMG_7230

言いたいことはわかっています。特に何もねーじゃねえか。なんならライオンのような柴犬のスリッパの方が気になるわ、と。そう、特に何もなさすぎて、逆に「特に何もない」というユーモアが生まれてしまっている。死ぬほどダサいわけではないが、決してオシャンティでもない。シンプルな服ほどデザイナーっぽいかもと期待してたのですが、なぜか夜勤明けのコンビニ店員感が出ています。もしくは疲れきった瓜。

まぁひとまず、この白Tを4枚ZOZOTOWNで購入しました。値段は1枚1,700円ぐらいです。

オシャレを放棄した理由

いやもう、服選びはほんとむかつきます。顔がむかつく。
「今日は何着て行こうかな?☆」
「どんな組み合わせがオシャレかな?☆☆☆」
とか、は〜〜〜〜〜?????????もはやそんな楽観的に見れる状況じゃねぇよと。市内でぬくぬくと育った私にとって、服を選ぶという荒波をその都度超えていくのは心魂へのストレスが半端ないのです。

寿司のようにシンプルでありたい。
シャリはそのまま、ネタを変えるだけでどこに行っても様になる寿司になりたい。

そして何より、朝の準備時間を短縮したい。朝って時空歪むじゃないですか。計7つのアラームを付けていても、結局布団から出るのは最後のアラームの10分後とかで。そんなバグの多い状況で服を選んでる暇なんて当然ありません。天気予報も、花粉の前にまずは時空の歪みを報道するべきです。

選ぶ際のものごっつ個人的なポイント

1. シワができにくい素材

アイロンの手間を省くため、ぽろぽろしてる、あのー、ぽろぽろしてる生地を選びました。アイロン自体は「ほらほら、こーんな厄介なシワでも…なおしちゃうからね?」とドキドキハラハラな展開を真顔で楽しめてすごく好きなのですが、流石に頻繁に着ることを考えるとそんなに時間は使ってられません。
マンネリ化も怖いですしね。やはりエロいことは少ない頻度の中でこそエロいのであって。

2. 無地のデザイン

柄物ではなく無地にしました。これは単にどんな服とも合わせやすいからです。ここで思い切って「どすこい」とプリントされたTシャツを買ってしまうともう大変です。普段身につけているものはその人の第一印象にもなり得るので、 恐らく墓にまで「どすこいの人」などと書かれることでしょう。たまったもんじゃありません。

3. 安いもの

金がねえ、以上だ。

4. 枚数は5枚程度が理想

一人暮らしの方の生活サイクルを考えると、2,3枚では洗濯が少し大変な気がします。大量に買うのもよいですが、金がなくなるので危険です。ちなみに、私が5枚ではなく4枚買ったのは、単にZOZOTOWNさんに「4枚までしかないわよ」と言われたからです。まあ4着でも全然問題ありません。

まとめ

サイコー!と思った点

  • 朝の準備時間が短縮できる
  • スティーブ・ジョブズっぽさをアピールできる
  • 長い目で見ると服を買うお金がかなり減る

ちょっと焦った点(ちょっとね)

  • 前もって説明しないと汚い奴だと思われる
  • 買い物の楽しみが減る
  • 白を選んだせいで気持ちよくラーメンが食べれない
  • 生地を「ガーゼみたい」とディスられる

結果として、買い物でストレス解消をできないことが意外と引っかかりました。なので、これからは朝に余裕のある日は好きな服を着て、IQが2以下の日は例のガーゼみたいな服を着て行こうと思います。
あと白は選ばない方がいいですほんとに。

殺意の湧かない朝を体感したい人は、一度試してみてはいかがでしょうか?
以上、マエノでした。

前野

この記事を書いた人

入社して日が浅いながらも抜群の相性でAND SPACEに馴染んだキレッキレの若手。高校卒業後に専門学校へ進学し、その際に講師の谷川と知り合う。制作会社にて半年間編集デザインに取り組み、その後AND SPACEに入社。絵・音楽・怠慢と好きなことはあれど「まとめる」作業が一等好き。仕事では判断の速さや的確さを高く評価され、ディレクター要員として成長中。現在は犬を飼うための給料アップという下心のもと日々奮闘している。