あ行

イキ

【読み:いき】

「イキ」とは原稿の校正時に入れる朱書きに使用する印刷・出版用語のことを指す。 「イキ」=そのまま使う、活かすという意味で、一度記入してしまった訂正や変更の朱書き指示に対し、元のままで良いと改める場合に使用する。 似たよう[…続きを読む]

エクスポート 【export】

【読み:えくすぽーと】

エクスポートとは、パソコンやスマートフォン、データベースやCMSサイトなどに保存されたデータを書き出すこと。 通常、保存したデータは別のパソコンやデータベースに書き写すことができる。「データの書き出し」と表すこともある。

エンゲージメント

【読み:えんげーじめんと】

エンゲージメントとは、企業や商品、ブランドやサービスなどに対する ユーザーの愛着度を意味する。使い方としては、エンゲージメントが高い・低いや、強い・弱いといった感じで使われる。消費者としての立場以外にも、企業に対する従業[…続きを読む]

OGP 【Open Graph Protocol】

【読み:おーじーぴー】

OGPとは、「Open Graph Protocol」の略称。Facebookやtwitterなどで、Webサイトの内容を正しく伝えるためのHTML要素である。予めWebサイトにOGPを設定しておくと、SNSでシェアされ[…続きを読む]

webフォント 【web font】

【読み:うぇぶふぉんと】

webフォントとは、あらかじめサーバ上に用意されていたり、インターネットで配布されたりしている書体(フォント)データを呼び出すことで、文章を表示させるシステム及びフォントのことを指す。 webフォントを使用すると端末の影[…続きを読む]

一覧を見る

か行

キャッシュポイント

【読み:キャッシュポイント】

キャッシュポイントとは、収益を生み出す機会のことを意味し、言い換えると「お金になる」物事やタイミングのことである。例えばWebサイト制作の場合、Webサイト制作をすること全体がもちろんキャッシュポイントだが、公開後の管理[…続きを読む]

可逆圧縮 【lossless compression】

【読み:かぎゃくあっしゅく】

可逆圧縮とは、圧縮処理を行ったデータが、圧縮前のデータと完全に等しくなるデータ圧縮方法のことで、「ロスレス圧縮」とも呼ばれる。 コンピュターでファイルを圧縮する際に使われるLZH・ZIPが有名。 その他のメディアでは、画[…続きを読む]

恐怖訴求 【fear appeal】

【読み:キョウフソキュウ】

恐怖訴求とは、ユーザーの危機感や不安感に訴えかけることを軸にアピールすること。ユーザーの恐怖感・危機感・不安感に訴えかけ、引き出すことで「商品やサービスを買わなければマイナスなことが起こる」と感じさせることによって行動を[…続きを読む]

gulp 【gulp】

【読み:がるぷ】

gulpとは、Node.jsを使ったタスク自動化ツール。または、タスクランナーとも言う。CSSやJavaScriptファイルの圧縮や結合、SCSSのコンパイルなど、ファイルを保存したと同時に自動で行うツールである。ウェブ[…続きを読む]

階層構造

【読み:かいそうこうぞう】

階層構造とは、一つの親となる要素の下に、複数の子となる要素が連なっている構造のこと。ツリー構造や、木構造とも呼ばれる。 Webページでは、トップページのことを第一階層と呼び、グローバルナビゲーションに値するような、下層ペ[…続きを読む]

一覧を見る

さ行

GIF 【Graphics Interchange Format】

【読み:じふ】

GIFとは、「Graphics Interchange Format」の略称で、画像フォーマットの一つである。一般的に拡張子は「.gif」が用いられる。 256色以下の画像を使用することができる可逆圧縮形式のファイルフォ[…続きを読む]

訴求 【appeal】

【読み:そきゅう】

広告や販売においてユーザーの購買意欲をかきたてること。 広告デザイン制作の業界では購買意欲だけではなく行動意欲をかきたてることも広義にとらえて使用される。

装丁

【読み:そうてい】

装丁(装幀)とは、書籍の表紙やカバーのこと。 装丁を作成することを「装丁デザイン」と言い、装丁を専門に制作するデザイナーのことを、「装丁家」「装丁デザイナー」と呼ぶ。 書籍を制作するデザイナーの総称である「ブックデザイナ[…続きを読む]

CPC 【cost per click】

【読み:しーぴーしー】

CPC(Cost Per Click)とは、「クリック単価」とも呼ばれ、クリックによって課金される「クリック課金型広告」の効果をはかる指標で、クリック1回あたりにかかる料金のことを指す。CPCはユーザーを効率的にWebサ[…続きを読む]

シンメトリー

【読み:しんめとりー】

シンメトリーとは、色・形・性質などといった構成が中心を軸に左右対称、または上下対称である状態のことを指す。 両者が均整・相称な関係にあり、反対にこれらの関係が破られた左右・上下不対称の状態をアシンメトリーという。

一覧を見る

た行

デバッグ

【読み:でばっぐ】

デバッグとはコンピュータプログラムのバグや欠陥を発見し、仕様通りの動作ができるように修正する作業のことを指す。 バグ(bug)は英語で「虫」を意味する言葉であるため、デバッグ=虫とりとも呼ばれる。

タグライン 【tag line】

【読み:たぐらいん】

タグラインとは、企業・商品・サービスが、消費者に対してどのような価値を与えられるかを端的に言い表した言葉。 時期やキャンペーンの内容によって変化する可能性のあるキャッチコピーやキャッチフレーズとは異なり、普遍的に変わるこ[…続きを読む]

テレコ

【読み:てれこ】

テレコとは、交互になっている様子のこと。手を加える意味の「手入れ」に交互という意味の「こ」が付いてテレコと言われるようになった。 元々は歌舞伎用語。

W3C

【読み:だぶりゅーすりーしー】

W3Cとは「World Wide Web Consortium」の略。Web技術の標準化を行う非営利団体の名称である。HTMLやXHTML、CSS、DOMやXMLなどいったWebで使用される技術を標準化し、互換性の維持や[…続きを読む]

ターンアラウンドタイム 【turn around time】

【読み:たーんあらうんどたいむ】

ターンアラウンドタイムとは、コンピューターに指示を出してから終わるまでにかかった時間を指す。 略称として「TAT」と表現する。

一覧を見る

な行

ナレッジ

【読み:なれっじ】

ナレッジとは、英語の「knowledge = 知識」がビジネスシーンで使われるようになったもので、企業の有益な情報や、価値のある経験や知識といった意味を指す。ナレッジを使った言葉で、「ナレッジマネジメント」や「ナレッジコ[…続きを読む]

ニッチ 【niche】

【読み:にっち】

niche(ニッチ)とは、他社がターゲットとしていない小さな市場や、潜在的にはニーズがあるがビジネスの対象として考えられていない分野などの隙間市場を指す経済用語である。 ※本ページでは、経済用語での「「niche(ニッチ[…続きを読む]

中黒

【読み:なかぐろ】

中黒とは「・」のこと。 「中黒点」「中点」「点」「ぽち」等と呼ばれることもある。

入稿

【読み:にゅうこう】

入稿とは、文字原稿や写真原稿などを渡すことを言うが、現代のグラフィックデザイン業界では主に、印刷会社など次の工程へデザインデータを渡すことを言う。

ノンブル

【読み:のんぶる】

ノンブルとは、印刷物において、現在何ページ目を開いているかがわかるように端に打たれた順序をあらわす数字のこと。 語源はフランス語の「nombre」から。

一覧を見る

は行

パララックス

【読み:ぱららっくす】

パララックスとは、「視差効果」のこと。 Web制作では、スクロールやフリックなどのユーザーが行う操作によって、webサイト上のレイヤー分けされた要素を異なるスピードで動かすことで、 奥行きや立体感を表現する。 具体的な例[…続きを読む]

ペネトレーション 【penetration】

【読み:ぺねとれーしょん】

ペネトレーションとは、地域や市場において企業や個人、製品やプロモーションの浸透度合いを指す。 主にマーケティング用語、IT用語として使われる。

ヒアリング 【hearing】

【読み:ヒアリング】

ヒアリングとは、対象者である顧客の抱える課題、問題点について聞き出すことである。 ビジネスにおけるヒアリングは、「クリエティブ、提案に必要な情報を引き出す」、「コミュニケーションを取り良好な関係性を構築する」が主な目的で[…続きを読む]

ベネフィット訴求 【benefit】

【読み:べねふぃっとそきゅう】

ベネフィット訴求とは商品やサービスによって「ユーザーが得られる利益」を軸にしたアピールのこと。価値訴求と同義。 「ドリルを買いに来た人が欲しいのは、ドリルではなく穴である」というマーケティングの世界で古くから使われる言葉[…続きを読む]

バイアス 【bias】

【読み:ばいあす】

バイアスとは、英単語の「bias」から来ているカタカナ語で、英単語のそのままの意味である「傾向・先入観・偏見」と同じ意味で使われ、偏った見方や考え方をしているときに「バイアスがかかっている」と表現する。 デザイン業界で例[…続きを読む]

一覧を見る

ま行

マージン 【margin】

【読み:まーじん】

マージンとは、「余白」のこと。 一般的には、「粗利益」「総利益」「手数料」という意味で使われることもあるが、デザイン業界では余白という意味で使われることが多い。

モアレ

【読み:もあれ】

モアレとは、干渉縞とも言い、印刷物をスキャニングした画像に出てきたり、ストライプ柄のシャツなどの細かい柄の画像に出てくる縞模様のことを言う。 等間隔に点や線が並び、ある条件を満たした場合に見えるものである。印刷物や画面で[…続きを読む]

マットコート紙

【読み:まっとこーとし】

マットコート紙とは、紙の表面にツヤ消しのコーティングを施して光沢をおさえた用紙である。しっとりとした質感が特徴で、落ちついた雰囲気や厳かさを出すことができる。また、日光や照明などによる光の反射を軽減することができるため、[…続きを読む]

メディカルイラストレーター 【medical illustrator】

【読み:めでぃかるいらすとれーたー】

メディカルイラストレーターとは、医療分野のイラスト制作に特化したイラストレーターである。 具体例をあげると、医学書、医師や獣医師の論文や学会発表用資料、教科書など、医療従事者に向けたイラストから、一般人に医療をわかりやす[…続きを読む]

ミニマルデザイン

【読み:みにまるでざいん】

ミニマルデザインとは無駄な要素を削ったシンプルなデザインのことを指す。 装飾などの要素が多いと、本来目立たせたいものが解りにくくなることがあるが、必要最低限の要素でデザインを構成することで訴求ポイントがより伝わりやすくな[…続きを読む]

一覧を見る

や行

ユニバーサルデザイン

【読み:ゆにばーさるでざいん】

ユニバーサルデザインとは、英語の「universal」=「一般的な、普遍的な、万人(共通)の、全員の」という意味のとおり、「すべての人のためのデザイン」を意味し、年齢や性別、障害の有無、体格、国籍などにかかわらず、できる[…続きを読む]

与件

【読み:よけん】

与件とは、与えられた条件のことを言う。広告業界にあてはめると、案件スタート時に提示される「前提として存在する条件」や「踏まえなければならない障害」などを言う。たとえば、納期まで充分な時間ない、予算が少ない、人員が少ない、[…続きを読む]

ユーザインタフェース 【UI】

【読み:ゆーざーいんたーふぇーす】

ユーザインタフェースとは人間がパソコンやスマートフォンなどのデバイスを操作する際のデザインやレイアウト(正確には接点)のこと。 ユーザーインターフェース、ユーザーインターフェイス、ユーザーインタフェイスなどの表現ゆれがあ[…続きを読む]

ユーザビリティ 【usability】

【読み:ゆーざびりてぃ】

ユーザビリティ【usability】とは、 「有用性」や「使いやすさ」などを意味する英語である。ITの分野では、主にWebサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉である。ユーザビリティの評価では、利用目的の[…続きを読む]

ユニセックス

【読み:ゆにせっくす】

ユニセックスとは、男女どちらでも着られる衣服、髪型およびそれを身につけるファッションのことである。また、男女双方、性別に関係なく受け入れられ適合する、男女双方わけ隔てない売り方、形の物のこと。もともと男性的な衣服を女性向[…続きを読む]

一覧を見る

ら行

リードナーチャリング 【Lead nurturing】

【読み:りーどなーちゃりんぐ】

リードナーチャリングとは、見込み客の育成を図ること。 自社の商品やサービスに興味や関心を持つ見込み客(リード)をリードジェネレーションで集め、最適なタイミングで最適な情報を届けながらリードの興味や関心・好感度を高めていき[…続きを読む]

リードジェネレーション 【Lead generation】

【読み:りーどじぇねれーしょん】

リードジェネレーションとは、見込み客を集めるためのマーケティング活動全般のこと。 自社の商品やサービスに興味や関心を持つ見込み客(リード)を発掘し、集めることを指します。 基本的な流れとしてはリードジェネレーション(見込[…続きを読む]

リモートワーク 【remote work】

【読み:りもーとわーく】

リモートワークとは、会社から離れた「自宅」や「コワーキングスペース」などの場所で業務を行うことである。 また、似た意味の言葉として「在宅勤務」「クラウドソーシング」などの言葉が使われることもある。 クラウドサービスやコミ[…続きを読む]

リード 【Lead】

【読み:りーど】

リードとは、見込み客のこと(マーケティング業界においては)。 ただし、例えばWebサイトの場合、サイト訪問者をすべてリードと捉える場合や、お問い合わせなどのアクションまで到達したユーザーからをリードと捉える場合もあり、案[…続きを読む]

リッチブラック

【読み:りっちぶらっく】

リッチブラックとは、CMYKそれぞれの色をバランス良く加えた黒色のこと。K100%のスミベタよりも深みのある黒色になる。一般的にはC40%、M40%、Y40%、K100%で作られることが多い。

一覧を見る

わ行

ワードプレス 【word press】

【読み:わーどぷれす】

ワードプレスとは、ブログの更新・運営やコンテンツ管理に特化したオープンソースのソフトウェアである。 ワードプレスを使用せずにWebサイトへブログを更新する場合、1記事ごとにHTMLのコードを書き込み、サーバーにアップしな[…続きを読む]

ワイヤーフレーム 【wireframe】

【読み:ワイヤーフレーム】

ワイヤーフレームとはwebページを作る際の情報の設計図のこと。どこにどの情報を入れるか、情報の大小などをわかりやすくまとめたもの。

One to Oneマーケティング 【one to one marketing】

【読み:わんとぅわんまーけてぃんぐ】

One to Oneマーケティング(ワントゥワンマーケティング)とは、マーケティング手法のひとつで、顧客ごとの趣味嗜好やニーズ、更には認識・状態・行動履歴などに合わせたマーケティングのこと。 Don Peppers an[…続きを読む]

ワークシェアリング 【work sharing】

【読み:わーくしぇありんぐ】

ワークシェアリングとは、従来1人で行っている仕事、1つの大きな仕事を複数人で分けて進めていくことで、労働条件や労働環境の悪化による過労死や失業者増加のを解決するために活用される方法の1つである。

一覧を見る