あ行

アール・デコ 【Art Déco】

【読み:あーる・でこ】

アール・デコとは、1910年代半ばから1930年代にかけて、パリを中心に西欧で流行した装飾様式である。 一般的にアール・ヌーヴォーとは対極的な幾何学図形をモチーフにした記号的表現や、原色による対比表現などが特徴。 工業製[…続きを読む]

アタリ

【読み:あたり】

アタリとは、広告デザイン業界では一般的に「目安」のような意味合いで使用される。 レイアウトする際に一時的に使用する仮の画像のことを「アタリ画像」と呼ぶこともある。 またレイアウトを決める際、正式な情報を配置する前に、目安[…続きを読む]

アシンメトリー

【読み:あしんめとりー】

アシンメトリーとは、色・形・性質などといった構成が中心を軸に左右不対称、または上下不対称である状態のことを指す。 両者が均整・相称ではない関係にあり、反対に左右・上下対称の状態をシンメトリーという。

アール・ヌーヴォー 【Art Nouveau】

【読み:あーる・ぬーゔぉー】

アール・ヌーヴォーとは、19世紀末から20世紀初頭にかけて、フランス・ベルギーを中心にヨーロッパで流行した芸術活動、及び芸術様式である。 花や植物など自然、ロココ様式、異国趣味などに由来した、左右非対称の有機的な曲線が特[…続きを読む]

アヴァンギャルド

【読み:あゔぁんぎゃるど】

アヴァンギャルドとは、芸術において、既存の観念を覆すような斬新で改革的な様子を指す。 また、20世紀はじめに起こった新たな表現方法を開拓する芸術運動のこと。 元はフランス語で、軍隊用語においての「前衛」を意味する。

一覧を見る

か行

キャッシュ

【読み:きゃっしゅ】

キャッシュとは、Webサイトやアプリケーションなどのデータへのアクセスした際、 次回以降同じデータにアクセスした時の表示を高速化するために、一時的にデータを保存する仕組みのこと。 上記の通りのメリットもあるが、デメリット[…続きを読む]

金赤

【読み:きんあか】

金赤とは、一般的にマゼンタ100%+イエロー100%をかけ合わせた赤色の慣用色名である。但し、正確に金赤を表現したい場合はDICナンバー(565)や、Webの場合は16進数(F62C11)で指定すると良い。 印刷ではチラ[…続きを読む]

コメントアウト

【読み:こめんとあうと】

コメントアウトとは、プログラミングやコーディングの際、特定の記号などを記述することで、その文字列をコードとして処理させない状態にすることである。 コメントアウトの行われた部分の処理は行われないので、記述したHTMLやCS[…続きを読む]

小口染め加工

【読み:こぐちそめかこう】

小口染め加工とは、小口装飾の一種で、本の断裁面である小口(開く側)・天(上部)・地(下部)に色印刷する加工のことである。綺麗な仕上がりにするためには用紙や仕様を選ぶ印刷加工である。

コート紙

【読み:こーとし】

コート紙とは、紙の表面にコート剤を塗布した用紙のこと。 紙の表面をコーティングすることによって光沢を出すことができ、仕上がりに高級感を出すことができる。

一覧を見る

さ行

シンメトリー

【読み:しんめとりー】

シンメトリーとは、色・形・性質などといった構成が中心を軸に左右対称、または上下対称である状態のことを指す。 両者が均整・相称な関係にあり、反対にこれらの関係が破られた左右・上下不対称の状態をアシンメトリーという。

セリフ体 【Serif】

【読み:せりふたい】

セリフ(Serif)体とは、文字の線の端につけられる線や装飾(セリフ)がある英字書体の総称。 セリフがつかないフォントはサンセリフ体と呼ばれる。日本語フォントにおいての明朝体のイメージ。 有名フォントとして、Garamo[…続きを読む]

サンセリフ体 【Sans Serif】

【読み:さんせりふたい】

サンセリフ(Sans Serif)体とは、文字の線の端につけられる線や装飾(セリフ)がない英字書体の総称。 セリフがつくフォントはセリフ体と呼ばれる。日本語フォントにおいてのゴシック体のイメージ。 有名フォントとして、H[…続きを読む]

スプリットスクリーンレイアウト 【split screen layout】

【読み:すぷりっとすくりーんれいあうと】

スプリットスクリーンレイアウトとは、「スプリット(split)= 分割する」という意味のとおり、画面を大きく分割してデザインするレイアウト手法である。画面を分割することで左右の境界線が明確になり、対比によってそれぞれが強[…続きを読む]

CMYK

【読み:しーえむわいけー】

CMYKとは、C=シアン(青)、M=マゼンタ(赤)、Y=イエロー(黃)、K=キープレート(黒)の4色による色の表現方法である。家庭用・業務用を問わず、プリンターによる印刷の色表現は、色料の3原色であるシアン・マゼンタ・イ[…続きを読む]

一覧を見る

た行

ダッシュボード

【読み:だっしゅぼーど】

ダッシュボードとは、複数の情報をまとめて表示する管理画面のことを言う。もともとは、自動車もしくは飛行機などの操縦に必要な計器類を搭載したボードのことで、それが元となり「さまざまな情報をまとめて見せる画面」の意味として使わ[…続きを読む]

ディスクリプション 【description】

【読み:でぃすくりぷしょん】

ディスクリプションとは、WEBページの内容を要約した紹介文・説明文のこと。正式名称は「メタディスクリプション」。各種検索エンジンを利用した際、検索結果としてタイトルタグ・URLと同時に表示される。 SEOの評価対象ではな[…続きを読む]

タイポグラフィ

【読み:たいぽぐらふぃ】

タイポグラフィとは、元々活字を用いた印刷術のことを指す。近年Webデザインにも用いられ、フォントの種類やサイズをうまく組み合わせることで、美しさだけでなく、読みやすさを高めることができる。 また、可読性をあげるためにはフ[…続きを読む]

タペストリー

【読み:たぺすとりー】

タペストリーとは、室内装飾用の織物の一種。本来は色糸を織り交ぜた壁掛けのものを意味するが、広告デザイン業界では、主に垂れ幕の形状をした広告物を指す。風雨や汚れに強いターポリン素材を用いて、工事現場のシート、懸垂幕、イベン[…続きを読む]

トリムマーク(トンボ)

【読み:とりむまーく】

トリムマーク(トンボ)とは印刷物の裁断位置、加工位置を明確にするためにつける【しるし】のこと。 一般的にデザインデータの四隅のL字のトリムマークをコーナートンボ、または角トンボといい、左右の中央の十字のトリムマークのこと[…続きを読む]

一覧を見る

な行

入稿

【読み:にゅうこう】

入稿とは、文字原稿や写真原稿などを渡すことを言うが、現代のグラフィックデザイン業界では主に、印刷会社など次の工程へデザインデータを渡すことを言う。

ノンブル

【読み:のんぶる】

ノンブルとは、印刷物において、現在何ページ目を開いているかがわかるように端に打たれた順序をあらわす数字のこと。 語源はフランス語の「nombre」から。

塗り足し

【読み:ぬりたし】

塗り足しとは、断裁時に生じる位置ずれを補うための余白の領域を指す。 縁までデザインを反映したい場合は、塗りたしの幅までその色を延長させるのは必要不可欠のため、入稿時には要注意。 基本的な塗り足しの幅は3mmだが、サイズや[…続きを読む]

ノベルティ

【読み:のべるてぃ】

ノベルティとは、企業や店舗が社名または商品を宣伝するために作ったグッズのことを指す。 ノベルティの種類は様々で、街頭で配られるポケットティッシュから購入額に応じてもらえる記念品など幅が広い。 但し、商品購入者のみや制限が[…続きを読む]

一覧を見る

は行

ピクトグラム 【pictogram】

【読み:ぴくとぐらむ】

ピクトグラムとは、図やイラストで構成された視覚記号(サイン)の一つである。 例えば非常口のサインやトイレのマークなど、注意を促したり案内に用いられることが多い。 ひと目で情報を伝えるために単純な図であること、また視認性を[…続きを読む]

PDCAサイクル

【読み:ぴーでぃーしーえーさいくる】

PDCAサイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の段階を繰り返し、業務を改善するサイクルのこと。 全ての業界と部門において、問題を解決することができる一番簡単な方法である。

ピクセル 【pixel】

【読み:ぴくせる】

ピクセル(pixel)とは、デジタル画像を構成する最小の要素で画素とも呼ばれる。 画像を限界まで拡大すると1つ1つの点で構成され、その点はドットとも呼ばれることも多いが色情報を持つものがピクセルである。 最小単位は「1p[…続きを読む]

ホログラム加工

【読み:ほろぐらむかこう】

ホログラム加工とは、見る角度によって柄が3Dに見えるような加工を印刷物に施す加工のことを指す。 ホログラムシートを貼り付けラミネートするタイプのものと、紫外線硬化樹脂塗料を塗布し、そこに転写するトランスタバック加工の2種[…続きを読む]

プロモーション 【promotion】

【読み:ぷろもーしょん】

プロモーションとは、企業や団体の製品及びサービスの認知の向上や理解・好意・購入意向を高める活動のこと。 例えば「商品Aの販促プロモーション」と表現した場合、商品Aの売上増加を目的に、webサイト・店頭コミュニケーション・[…続きを読む]

一覧を見る

ま行

マットコート紙

【読み:まっとこーとし】

マットコート紙とは、紙の表面にツヤ消しのコーティングを施して光沢をおさえた用紙である。しっとりとした質感が特徴で、落ちついた雰囲気や厳かさを出すことができる。また、日光や照明などによる光の反射を軽減することができるため、[…続きを読む]

メディカルイラストレーター 【Medical Illustrator】

【読み:めでぃかるいらすとれーたー】

メディカルイラストレーターとは、医療分野のイラスト制作に特化したイラストレーターである。 具体例をあげると、医学書、医師や獣医師の論文や学会発表用資料、教科書など、医療従事者に向けたイラストから、一般人に医療をわかりやす[…続きを読む]

ミニマルデザイン

【読み:みにまるでざいん】

ミニマルデザインとは無駄な要素を削ったシンプルなデザインのことを指す。 装飾などの要素が多いと、本来目立たせたいものが解りにくくなることがあるが、必要最低限の要素でデザインを構成することで訴求ポイントがより伝わりやすくな[…続きを読む]

マウスオーバー

【読み:まうすおーばー】

マウスオーバーとは、コンピューターの画面上でマウスカーソルを対象の要素の上に重ねること。マウスホバー、ロールオーバー、オンマウスとも呼ばれる。 WEBサイトではカーソルを乗せたとき色が変化する、変形するなどといった、何ら[…続きを読む]

モノグラム

【読み:ものぐらむ】

モノグラムとは、2つ(2つ以上のケースもある)の文字などを組み合わせて図形化した記号のこと。 単に並べただけのものはモノグラムとは呼ばれない。 ブランドのロゴなどとして使用されることが多く、例としてはルイ・ヴィトンで使わ[…続きを読む]

一覧を見る

や行

与件

【読み:よけん】

与件とは、与えられた条件のことを言う。広告業界にあてはめると、案件スタート時に提示される「前提として存在する条件」や「踏まえなければならない障害」などを言う。たとえば、納期まで充分な時間ない、予算が少ない、人員が少ない、[…続きを読む]

ユーザインタフェース 【UI】

【読み:ゆーざーいんたーふぇーす】

ユーザインタフェースとは人間がパソコンやスマートフォンなどのデバイスを操作する際のデザインやレイアウト(正確には接点)のこと。 ユーザーインターフェース、ユーザーインターフェイス、ユーザーインタフェイスなどの表現ゆれがあ[…続きを読む]

ユーザビリティ 【usability】

【読み:ゆーざびりてぃ】

ユーザビリティ【usability】とは、 「有用性」や「使いやすさ」などを意味する英語である。ITの分野では、主にWebサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉である。ユーザビリティの評価では、利用目的の[…続きを読む]

ユニセックス

【読み:ゆにせっくす】

ユニセックスとは、男女どちらでも着られる衣服、髪型およびそれを身につけるファッションのことである。また、男女双方、性別に関係なく受け入れられ適合する、男女双方わけ隔てない売り方、形の物のこと。もともと男性的な衣服を女性向[…続きを読む]

URL短縮サービス

【読み:ゆーあーるえるたんしゅくさーびす】

URL短縮サービスとは、長いURLを短く簡素なURLに変換するサービスの事。 SMSやメールで長いURLを送る場合、文字数制限や勝手に入る改行によってリンクが機能しなくなることがある。 そんな時に、URL短縮サービスが必[…続きを読む]

一覧を見る

ら行

リテラシー 【literacy】

【読み:りてらしー】

リテラシーとは、主に特定の分野における知識や理解度をあらわす言葉である。元々は英語のliteracyからきており、「読んだり書いたりする能力」という意味が応用され使われている。使い方としてはリテラシーが高いor低いと表現[…続きを読む]

レトリック 【rhetoric】

【読み:れとりっく】

レトリックとは、文章やスピーチの内容に相応しいアクセントを効果的に加える表現技法のこと。言い回し。 古代ギリシア・ローマ時代から「修辞学」として扱われている学問的領域であり、日本では「文彩」または「彩」と呼ばれている。 […続きを読む]

レタリング

【読み:れたりんぐ】

レタリングとは、デザイン・広告業界に於いて、主に装飾やデザインを施された文字のことを指す。どんな書体を選択するか等の考え方を指す場合もある、意味の幅が広い言葉である。

リダイレクト

【読み:りだいれくと】

リダイレクトとは、Webサイトを訪れたユーザーを自動的に他のURLに遷移させること。URLリダイレクトと呼ばれることもある。 通常はWebサイトの移転等により、ページのURLが変更された際に旧URLから新URLへ誘導した[…続きを読む]

リデザイン 【redesign】

【読み:りでざいん】

リデザインとは「再設計」という意味。広告デザイン業界では一般的に、いちどデザインが完成したものを再度デザインし直して作り変えることを指す。

一覧を見る

わ行

ワークシェアリング

【読み:わーくしぇありんぐ】

ワークシェアリングとは、従来1人で行っている仕事、1つの大きな仕事を複数人で分けて進めていくことで、労働条件や労働環境の悪化による過労死や失業者増加のを解決するために活用される方法の1つである。

一覧を見る