Date: 2020/09/04

トレンディなウェーブに乗ろう!
-アニメーション編-

はじめまして。専門学校を卒業し、この度春からデザイナーとして入社いたしました
アンドスペースのチビギャルこと辻本です。この異名は今考えました。
今回は私が気になっていた、近年のアニメーションの活用と効果について調べ学習をしてみました。
期限切れの自由研究のようなものです。もう秋だわね〜。

※この記事は自己解釈と私情が挟まれています
あらよく調べたわね〜偉いわね〜と心でお母様を飼ったうえでお読みください

きてますよ!動く色彩の波が!

そういえば2016年に大流行したアニメ映画がありますね。曲でいうと前前…………….世でお馴染みの作品です。
この作品を筆頭にやたら自然光がうまい、美しいアニメーションのテレビCMをよく見るようになった気がします。(あくまでも私個人の感覚です)
さらに、企業紹介動画やテレビCMでもアニメーション動画を採用しているケースもよく見受けられます。
アニメーションCMのメリットとは一体?グーグル先生ご教授願いますぽよ〜(シーン)

アニメーションCMをやるメリットをざっくりとみてみる

・他のCMとの差別化がしやすく印象に残りやすい
・出演者のアサインや撮影など、実写に必要なコストが抑えられる
・2Dだからこそ可能なファンタジーな表現ができる
・ストーリー仕立てにしやすい

個人的に興味深かったものは差別化ストーリー性です。
アニメーションCMは増えてきているのでそこからまた抜きん出た作品を作らなければならなくなりますが、CMラッシュに突如現る異彩…これはつい目に入ってしまうのではないでしょうか。
また、ストーリー性に関してですが、話題になったストーリー仕立てのCMをシリーズ化するとまた話題になります。
話題になれば批判の声も出てくるかもしれませんが、印象付けることには成功していますね。

さてざっくりとアニメーションCMについて綴らせていただきましたが、
もうひとつ、気になったものがあったので調べてみました。

掘り下げ・考察お手の物!

そもそもなぜ私はアニメーションCMについて調べようと思ったのか。
答えはアニメーションMVにあります。
時は大Youtube時代。様々な層が使用していますが、中でも学生さんたちの間で話題になっているMVはたくさんあります。
その中にアニメーションが採用されているものも複数あるのです。

いや〜ここでも盛り上がってんな!アニメーション!そこで、そんな動画たちの特徴を主観でまとめてみました。

最近のアニメーションMVを偏見込みでざっくりとみてみる

・絵のタッチがお洒落
・ネガティブな歌詞にも華がある
・特徴的で受け入れやすい歌声
考察のしがいがありすぎる

ネガティブな歌詞がひねくれた私たち(10〜20代)にしっくりくるのもわかりますし、
歌手の姿がMVに出ないことから出るミステリアスな雰囲気もなんかイケてる…。
(ちなみに私は某笑顔動画にあるボカロ曲が好きなので、あっさり「いいじゃん」と思いました。)

そして大事なのが「考察」です。
ドラマ「あなたの番です」でも話題になりましたね。ツジモト、考察、すき!
ファンが様々な考察コメントを残すことで更に動画が盛り上がります。
好きに解釈できる動画は自由度が高く、より楽しみ方が増えるところも魅力のひとつだなと思いました。
(勿論公式で解説が出ていても楽しいです。)

ここで止めないと長くなりますので、いい感じにまとめてこのブログを終えましょう。逃げよう、もう。

ここでわかる、なんとなくウチらが好きなもの

・他と違う存在
・自由度
・他と違う何かを推しているウチらマブい

というわけで、アニメーションについての自由研究の発表…波乗りはいかがでしたか?
なんとなく知るくらいが丁度良いです。きっと。

 

参考にした作品一覧

 

 

ではまた次の回でお会いしましょう。

 

辻本

この記事を書いた人

猫ひろしと同じ“身長147cm”のゴールデンルーキー。谷川が講師を務める専門学校の生徒の中で唯一、ポートフォリオを送りつけてきたアグレッシブさと将来性が買われ、インターンから手っ取り早くAND SPACEの一員に。ハムスター扱いされる見た目とは裏腹に、幼稚園から高校卒業までの習いごとはジャズダンス。そんな意外性を武器に、自身の感性を思いっきり発揮したデザインを繰り出し、いずれは「辻本」という名のジャンルを築きあげるのが目標。小さなサイズ感も「私のブランド」と言える、肝っ玉の大きさが最大の魅力。