Date: 2020/09/18

【対談記事の書き方】
文字起こしデータからの道のり

前回のブログ担当から早4ヶ月…。
「ディレクターの卵として日々勉強させていただいてます!」と元気よくスタートを切った記事の内容に、“キャピキャピ感ある若さ”を感じております和田です。(実年齢はヒ・ミ・ツ)

さてさて、そんな私は現在「ディレクター業務」だけではなく「ライター業務」もさせていただくことになり、今も白のキャンバスの上に、黒(時には色付き)の文字を踊らせています〜♪
ライターとしてもまだまだ勉強中な私ですが、今回のブログでは「対談記事の進め方・書き方」について、実際に教えていただいたことを基に、『あーだ、こーだ』とご紹介させていただきます!

>step1
文字起こしデータって「聞いて、打って」の繰り返し?

まず初めに、対談のやり取りを保存する必要がありますよね?
録音するには、動画・ICレコーダー(ボイスレコーダー)・スマホアプリなどがあげられます。
その場に適したアイテムと共に立ち向かいましょう!

『〜本日は、ありがとうございました。』と対談を終え、お客様をお見送りした後、実際に対談記事の作成スタートです!

まずは録音したデータから、文字起こし作業をおこないます。
最近では、文字起こし用ツール(アプリ)などもあるみたいですが、今回はめんどうな作業を代行してくれる【チェックロ】にお願いしました。

数日でこのような文字起こしデータが納品されます!簡単〜手軽〜!
『このデータさえあればコピーして貼り付けるだけやろ?楽勝やん!』というわけにはいかず、ここからがライター業務!(意気込み大事)

>step2 散らかってるものは整理整頓

そりゃ、人間ですから、時には『んー。』や『ほうほう。』など、口に出しちゃいます。
このような合いの手は、対談記事に含みすぎると長くもなりますし、読みにくくなります。
ポイントで使用する程度に、キレイに掃除しましょう。
※合いの手ナシでもチェックロに依頼することは可能です

内容だって、『ここ、なーにいってんの?』と思う箇所だってあります。(そりゃそうよ)
ユーザーが読んで分かる内容に、整理整頓が必要です。

>step3 なりきり度=リアリティー

整理整頓が終わると山場!(ここは私が苦労するポイント…)
内容を書く時に、1回落ち着きましょう。

文字校正データを1度読み、内容を自分の中に吸収し、吐き出します。
これが、なかなか難しいのですよ…。(お隣さんに気づかれない程度に、1人で口パクしてます。)

▲文字起こしデータとの違いを比較

『ここ長いな〜。』という箇所は、大幅なリライトが必要です。(ここで、“本人へのなりきり”が大切!)
読みやすくするための工夫として、内容を前後させる・文章の統合が必要になってきます。

また、開く・開かない(漢字をひらがな表記にするか)や「 」(カッコ)付など、目で見て読みやすいように書き上げる作業もします。

>step4 読んでみよう!

文字起こしデータをベースに記事が書けたら、変なところがないかの最終チェックです!
(日を改めて読んで見たら、『なんじゃこりゃ〜』な箇所が見つかったり…。)

そんなこんなで、できあがった対談記事がこちら

もっと他にも教えていただいたことはたくさんあるのですが、細かく、長く、歯止めが効かなくなってしまいますので、このへんで…。
対談記事にとどまらず、幅広いライティングをプロのライターが担当します。
なにかお困りのことあれば、キャッチコピーから本文…全部を丸投げできる【AND SPACE】に!

和田

この記事を書いた人

ずーっと絵と子どもが好き。だから、高校時代からデザインを学び、短大で保育士資格も取得した、素直さ全開のほんわか天然ガール。イラストも描けるデザイナーとして活躍した前職の経験を活かし、AND SPACEでは一歩先のディレクター業務に挑戦中。持ち前の愛嬌と愛想の良さは、時にいろんなオトコを虜にしてしまうが、ものごとハッキリ言っちゃうタイプだから軽々なお近づきはご用心。異性の顔をすぐ茜色に染めてしまう“美貌録”はさておいて、任された案件を最初から最後までこなす「できるオンナ」へと進化中。