RSS

【読み:アールエスエス】

RSSとは「Really Simple Syndication」、または「Rich Site Summary」の略語である。ニュースやブログなどの、更新情報の日付やタイトル、その内容の要約などを配信する技術のこと。XML[…続きを読む]

サブドメイン

【読み:さぶどめいん】

サブドメインとは、1つのドメインを用途に応じて複数に分割して使用するさいに使われるドメインのこと。EC領域なら「shop」、ブログ領域なら「blog」等、自分で設定した単語をルートドメインの手前につけて使用する。複数ドメ[…続きを読む]

カラム 【column】

【読み:からむ】

元々Excelなどの表で縦方向の列のことをカラムと呼ばれていたが、WebにおいてはWebサイトのレイアウトについて指すことが多い。 例えば1カラムの場合はサイドナビなしでメインコンテンツのみ、サイドナビとメインコンテンツ[…続きを読む]

3C分析

【読み:さんしーぶんせき】

3C分析とは、対象となるサービスや商品、事業を取り巻く環境を分析するフレームワークのことを言う。3Cとは、Customer(市場・顧客)、Company(自社)、Competitor(競合)のことである。3C分析を行うこ[…続きを読む]

ロイヤリティフリー 【royalty-free】

【読み:ろいやりてぃふりー】

一度購入した知的所有権を有する素材に対して、使用許諾の範囲内であれば追加の使用料が発生しないライセンスのこと。主にストック写真やイラスト、動画などの素材集に使われてきたが、近年はオープンソースソフトウェアやオープン標準と[…続きを読む]

JavaScript

【読み:ジャバスクリプト】

JavaScriptとは、主にブラウザ上でスライダーやポップアップ、アニメーション等の実装に使用されているプログラミング言語。プログラミング言語の中では比較的、学習しやすい部類に入る。Webサイトの開発には必須である。代[…続きを読む]

非同期通信

【読み:ひどうきつうしん】

非同期通信とは、サーバーへの通信方法の1つ。 サーバーへのリクエストに対して、レスポンスを待たない通信方式。 非同期通信の他に同期通信という方法がある。 同期通信と違いレスポンスを待たないため、リクエストからレスポンスの[…続きを読む]

アイコン 【icon】

【読み:あいこん】

アイコンとは、パソコンやスマホの操作画面でファイルの内容やソフトの機能などをイラストや図、記号などで表現したものである。 アイコンは、見た目で機能がわかりやすいように、機能や対象が何を表しているのか直感的に連想しやすいよ[…続きを読む]

カスタマージャーニーマップ

【読み:かすたまーじゃーにーまっぷ】

カスタマージャーニーとは、製品やサービス、Webサイトなどの「ユーザーの体験全体」を指す言葉であり、顧客の「行動」「思考」「感情」といった購買行動の流れをマップ化したものを、カスタマージャーニーマップという。マップ化する[…続きを読む]

デザイン書体

【読み:でざいんしょたい】

デザイン書体とは、様々なイメージや用途を想定して作られたものであり、使用する用途によって分類化をすると、「ディスプレイ書体」「本文用書体」などになる。 「ディスプレイ書体」は広告やポスターのデザインでタイトルなどの短い文[…続きを読む]

トムソン加工

【読み:とむそんかこう】

トムソン加工とは、型(トムソン型)を用いて、材料をプレスして打ち抜く加工のことである。 通常の断裁とは異なり、さまざまな形に仕上げることが可能である。円形にくりぬいたり紙の角を角丸にしたりする他、さらに複雑な形にしたり、[…続きを読む]

クロスメディア戦略

【読み:くろすめでぃあせんりゃく】

クロスメディア戦略とは、一つの商品・サービスに対してテレビCM・ラジオCM・新聞広告・ダイレクトメール・Twitter・リスティング広告・Webサイトなど、あらゆる広告媒体を利用し、宣伝・販促活動を行うことで媒体同士によ[…続きを読む]

チャネル 【channel】

【読み:ちゃねる】

チャネルとは、広告業界では集客する媒体や経路のことを指す。元来の意味は水路や海峡など。 一般的にこのチャネル(流入経路)が多いほど、露出が増え、ユーザーが集まると言われている。   我々の業界では、このチャネル[…続きを読む]

ブルーオーシャン 【blueocean】

【読み:ぶるーおーしゃん】

ブルーオーシャンとは、競合相手が少ない未開発の市場を表すビジネス用語である。 直訳すると「青い海」であり、穏やかで静けさのある海の様子を、争いのない市場に転用したメタファーである。 「ブルーオーシャン戦略」と呼ぶ場合は、[…続きを読む]

CTR(click through Rate) 【cost per acquisition】

【読み:しーてぃーあーる(くりっく するー れいと)】

CTR(click through rate)は、表示回数(インプレッション数)に対して、クリックした回数の割合を算出した数値を指す。 主にSEOや広告運用の分野で用いられ、クリック率やクリックスルー率と呼ばれる。   […続きを読む]

ノイジーマイノリティ 【noisy minority】

【読み:のいじいまいのりてぃ】

ノイジー・マイノリティとは、声の大きな(やかましい)少数派という意味。 そのままでは「声高な少数派」「声だけ大きい少数者」という意味になるが、「声高に批判する人は少数派である」という意味も込められている。 昨今ではクレー[…続きを読む]

アーンドメディア 【earned media】

【読み:あーんどめでぃあ】

アーンドメディアとは、消費者自ら商品やサービスについての情報(いわゆる口コミなど)を発信できるメディアのこと。 TwitterやFacebookなどのSNSやブログなどがアーンドメディアに分類される。 またアーンドとは『[…続きを読む]

ローンチ 【launch】

【読み:ろうんち】

ローンチとは、広告デザイン業界においては商品やサービス、webサイト等が「公開・発表・発売されること」を指す言葉である。 「(船を)進水する・水面に下ろす、(ロケット等を)発射する、打ち上げる」等の意味を指す英語の【la[…続きを読む]

Diff

【読み:ディフ】

diff(ディフ)とは、ファイルの比較を行うためのコマンドのことである。2つのテキストファイルを比較し、ファイル間の差異を行単位で出力でき、差分チェックすることが可能である。また、Webブラウザで簡単に利用出来る便利なサ[…続きを読む]

変数

【読み:へんすう】

変数とは、プログラム言語で使用するデータを読み書きする記憶域のこと。 個別の名前を設定することが出来、値に対してデータを一定期間記憶させることで、必要なときに使用することができる。

グリッチエフェクト 【Glitch Effect】

【読み:ぐりっちえふぇくと】

グリッチとは故障のことで、ゲームや動画などのバグが起こった際の画面の乱れのことを指す。 この画像の乱れを用いた効果を「グリッチエフェクト」と呼び、ノイズの効果で映像を印象的にみせることができるので、ホラー映画などにもよく[…続きを読む]

オブジェクトベースUI設計 【OUI】

【読み:おぶじぇくとべーすゆーあいせっけい】

オブジェクトベースUI設計(OUI)とは、対象物を先に表示し、対象物を選んでからやることを選択する流れのUI設計のことをいう。飲食店のタッチパネルメニューなどもオブジェクトベースUI設計で作られていることが多く、「商品を[…続きを読む]

【Q】

【読み:きゅう】

級(Q)とは、日本独自の写植で使用された単位で、文字サイズを表す単位の一つである。単位の語源は、英語の「Quarter」の頭文字から来ている。意味は「4分の1」で、1級は0.25mm(1/4mm)、4級で1mmとなる。計[…続きを読む]

ラバーダック・デバッグ 【rubber duck debugging】

【読み:らばーだっく・でばっく】

ラバーダック・デバッグとは、ゴム製のアヒルちゃんに対して相談することによって問題を解決するデバッグ手法である。 ゴム製のアヒルちゃん以外にも同僚、ぬいぐるみなどでも行われる。 だれかに相談するつもりで、問題点を順序立てて[…続きを読む]

同期通信

【読み:どうきつうしん】

同期通信とは、サーバーへの通信方法の1つ。 Webページを表示する場合、ブラウザからサーバーへ表示したいWebページを取得するための通信(リクエスト)を送り、その結果(レスポンス)であるHTMLを受け取って、ブラウザに表[…続きを読む]

UV印刷

【読み:ゆーぶいいんさつ】

UV(ultra violet)印刷とは紫外線を照射することによって、インキを瞬間的に硬化乾燥するUVインキを使用する印刷方法である。 最大の特徴は「瞬間硬化」である。紫外線を照射すると硬化する性質を持つインキを使用する[…続きを読む]

ハンバーガーボタン 【hamburger button】

【読み:はんばーがーぼたん】

ハンバーガーボタンとは、スマートフォンやタブレットなどの画面上部の隅に配置されるナビゲーションメニューである。 三本線「 ≡ 」のアイコンを使ったナビゲーションメニューで、タップやクリックすると操作項目が出現するものを指[…続きを読む]

カスタマージャーニー

【読み:かすたまーじゃーにー】

カスタマージャーニーとは、製品やサービス、Webサイトなどの「ユーザーの体験全体」を指す言葉である。ペルソナの動き(行動・思考・感情)を時系列で見た時などを表す。ペルソナの動きが見えると、顧客とのタッチポイントを洗い出し[…続きを読む]

エンボス加工

【読み:えんぼすかこう】

エンボス加工とは加工したいものを2つの型で挟み、圧を加えて凸凹模様を与える加工法である。別名「浮き出し加工」 また、紙より上に出す加工を「エンボス」、下に凹ます加工を「デボス」という。 印刷物でロゴマークなどの特定のデザ[…続きを読む]

SP広告

【読み:えすぴーこうこく】

SP広告とは、売上促進(SP=セールスプロモーションの略)を目的とした広告である。代表的なものとして折込広告(チラシ)、DM(ダイレクトメール)、フリーペーパー、屋外広告(看板)、交通広告、イベントへの出展などが挙げられ[…続きを読む]

リーチ

【読み:りーち】

リーチとは、デジタルマーケティングにおいては「インターネット広告(Web広告)の到達率」のことを指す。 その広告に接触した人数、もしくは、全体における割合をあらわす指標である。ある特定の期間内にその広告を目にしたユーザー[…続きを読む]

トレードマーケティング 【Trade Marketing】

【読み:とれーどまーけてぃんぐ】

『トレードマーケティング』とは、小売業の店頭を起点に行うマーケティングの手法であり、主に消費財メーカーなどでよく使われる言葉である。 マーケティングといえばブランドマーケティングであり、それは消費者に対して行うものであっ[…続きを読む]

OPP袋

【読み:おーぴーぴーぶくろ】

OPP袋とは、OPP(oriented polypropyleneの略称)を使用したラッピング用袋のことである。 透明度の高さ、パリッとした手触り、引っ張っても伸びない性質などが特徴で、DM用の封筒や商品のラッピング材と[…続きを読む]

CPA(cost per acquisition) 【cost per acquisition】

【読み:しーぴーえー(こすと ぱー あくしょん)】

CPA(cost per acquisition)は、目的(顧客獲得・契約)を達成するために発生した費用を指す。 顧客単価とも言われる。 目的は、企業によって資料請求、セミナー参加、ECの新規顧客、契約など様々である。 […続きを読む]

サイレントマジョリティ 【silent majority】

【読み:さいれんとまじょりてぃ】

サイレント・マジョリティとは、発言をしない多数派という意味。 そのままでは「発言をしない多くの人」という意味になるが、「大多数の人は発言をしない」という意味も込められている。 もともとは政治で使われていた言葉だが、昨今で[…続きを読む]

ペイドメディア 【Paid Media】

【読み:ぺいどめでぃあ】

ペイドメディアとは、費用を支払って広告を掲載するメディアのこと。 Google広告やSNS広告などのWEB広告や、新聞広告や雑誌広告などたくさんのメディアのことを指す。 既存の顧客だけではなく、不特定多数の消費者にアピー[…続きを読む]

リリース 【release】

【読み:りりーす】

リリースとは、主に「公開・発表・発売されること」を指す言葉である。 「開放する・自由にする」等の意味を指す英語が転じて、広告デザイン業界では〔新情報・アプリ・webサイト・サービス等〕が公開・発表されることを指す。「週明[…続きを読む]

WebGL

【読み:ウェブジーエル】

WebGLとは、今までネイティブアプリにしかできなかったGPUへのアクセスを可能にするグラフィクスAPI。WebGLを使えば、Webサイトやサービスの付加価値を高め、アイデア次第でUXを劇的に変化させる事が可能で3Dゲー[…続きを読む]

MV

【読み:めいんびじゅある】

MVとは、Webサイトの上部に表示される大きな画像等のビジュアルのこと。メインビジュアルの略。ほぼ同意義語としてKV(キービジュアル)という単語があり、類語としてFV(ファーストビュー)がある。

アウトプット 【output】

【読み:あうとぷっと】

アウトプットとは外部にあった知識を一度取り込み、自ら発信することを呼ぶ。またその知識を仕事に活かす行動自体もアウトプットに含まれる。 反対に知識を取り込むことをインプットと呼ぶ。

モーダル 【modal】

【読み:もーだる】

モーダルとは、モード(=mode)の形容詞で、同じシステムが少し違ったユーザーインタフェースになった状態のことで、簡単に言うと◯◯モードな状態のことである。例えば、PCが「日本語入力モード」だと入力したテキストがひらがな[…続きを読む]

丸版

【読み:まるはん】

丸版とは、写真やイラストを円形でトリミングして配置する使い方のことを指す。 正円や楕円の形状である丸版は、柔らかいイメージを表現することが可能になる。

アートディレクター 【Art Director】

【読み:あーとでぃれくたー】

広告・プロモーション・Webサイト・パッケージなどの制作にあたって、デザイン面の管理をおこなう担当責任者のこと。略してAD。 クライアントが望むイメージを把握し、デザイナーやコピーライターなどの制作メンバーに分かりやすく[…続きを読む]

TikTok広告

【読み:てぃっくとっくこうこく】

TikTok広告(ティックトック広告)とは、15秒程度の短い動画投稿アプリ内に掲載する広告のことである。 現在TikTokは、約150カ国で利用され、数多くの利用者数をしめる大人気アプリ。 広告の種類には「起動画面広告」[…続きを読む]

交通広告

【読み:こうつうこうこく】

交通広告とは、様々な公共の交通機関や交通関連施設に掲示できる広告媒体の総称である。日常生活の中で移動や外出中に接触するため、繰り返し、効果的に訴求できるものである。 種類は「電車広告」「駅広告」「バス広告」「タクシー広告[…続きを読む]

香盤表

【読み:こうばんひょう】

香盤表とは撮影の際に用意する、商品情報、モデル情報、小道具、カット数、所要時間などをまとめたスケジュール表のことである。効率的な撮影進行には非常に重要な資料である。

モーダルウィンドウ

【読み:もーだるうぃんどう】

モーダル(=modal)とは「モードを持つ」という意味で、あるウィンドウの子ウィンドウとして生成されるサブ要素のうち、 ユーザーがそれに対して適切に応答しない限り、制御を親ウィンドウに戻さないものをモーダルウィンドウとい[…続きを読む]

インフルエンサーマーケティング 【Influencer marketing】

【読み:いんふるえんさーまーけてぃんぐ】

インフルエンサーマーケティングとは、その名の通り「インフルエンサー」即ち拡散力を強く持っている人物に口コミやSNSでの情報発信をしてもらい企業や商品、サービスのプロモーションを行う、近年WEB業界でも話題になっているマー[…続きを読む]

パンフォーカス

【読み:ぱんふぉーかす】

パンフォーカスとは、写真撮影時のテクニックのひとつであり、近くから遠くまで広範囲にピントが合った写真のことである。パンフォーカスは和製英語で、正式な英語では「ディープフォーカス」と呼ばれる。 パンフォーカスでの撮影は、風[…続きを読む]

エンドユーザー 【end user】

【読み:えんどゆーざー】

サービスや商品等を最終的に使用するお客様を指す。 勘違いしがちだが、顧客とエンドユーザーは、全く違う。 顧客は商品を購入しても、必ずしもそれを使うとは限らないためエンドユーザーとイコールではない。 ただし、 契約書など使[…続きを読む]

小口

【読み:こぐち】

小口とは部材の裁断面(切り口)のこと。ページものの場合は、紙が綴じられているノド以外の3つの断面部分を小口と呼ぶ。 また、小口部分の加工方法として小口染め加工などがある。

訴求力 【appeal】

【読み:そきゅうりょく】

広告や販売においてユーザーが「商品を買いたい」「サービスを利用したい」という気持ちになるよう働きかける力のこと。 広告デザイン制作の業界では 「このグラフィックの見せ方では既視感が強すぎて訴求力が弱い」 「キャッチコピー[…続きを読む]

SPA 【Single Page Application】

【読み:えすぴーえー】

WEB制作におけるSPAとは、Single Page Application(シングルページアプリケーション)と呼ばれ、その名のとおり、単一のページで構成されるWebアプリケーションのことである。JavaScriptの技[…続きを読む]

内部リンク

【読み:ないぶりんく】

内部リンクとは現在見ているWebページの中で、ページ間で相互に張り巡らせられているリンクのこと。内部リンクをWebサイト内を移動する導線として正しく配置することは、SEO対策に有効とされる。また、現在見ているWebページ[…続きを読む]

ジオメトリックデザイン

【読み:じおめとりっくでざいん】

ジオメトリックデザインとは一定の規則性をもった形状を使用したデザインのことを指す。例えば正円や三角形、六角形などがジオメトリックになるが、デザインに用いることでリズム感がうまれる。Webデザインやグラフィックデザインだけ[…続きを読む]

アジャイル開発 【Agile Development】

【読み:あじゃいるかいはつ】

アジャイル開発とは、現在主流になっているシステムやソフトウェアの開発手法の1つで、「要件定義→設計→開発→実装→テスト→リリース」という基本的な開発工程を、機能単位の小さいサイクルで開発を進める手法のことを言う。Webサ[…続きを読む]

ファネル 【funnel】

【読み:ふぁねる】

ファネルとは、マーケティングにおけるユーザーの行動を「漏斗」の形で図式化したものである。 一般的には、「認知」「興味・関心」「比較・検討」「購入・申し込み」と段階に従い少数になっていくフローを表す。 段階は上から3つに部[…続きを読む]

組替え

【読み:くみかえ】

レイアウト変更の意味である。 元のデザインイメージを損なわず、全体のバランスを調整する作業。 例えば、縦組みで作成されたデザインを横組みにしたり、文字列を増減させたりすることである。

DIC 【DIC】

【読み:でぃっく】

DICとは、DIC株式会社(旧社名:大日本インキ化学工業株式会社)のこと。デザイン業界では一般的に、DIC株式会社の製造する印刷用インク、及びその色見本帳となるDICカラーガイドのインク色を総称してDICと呼ぶことが多い[…続きを読む]

Instagram広告

【読み:いんすたぐらむこうこく】

Instagram広告(インスタグラム広告)とは、Facebookが提供するインターネット広告サービスのうち、世界最大級のユーザー数をしめるInstagram上で配信できる広告のことである。 広告の種類はさまざまで現在、[…続きを読む]

アイレベル 【eye level】

【読み:あいれべる】

アイレベルとは、立った時の目線の位置のことを指す言葉である。アイレベルという言葉が使用されるパターンは様々だが意味はほとんど同じである。   【イラスト用語】目線の高さを示す水平線のこと。写真に例えるとカメラを[…続きを読む]

レイヤーマスク 【 Layer mask】

【読み:れいやーますく】

レイヤーマスクとは、Photoshopの機能の一つ。レイヤーの一部だけを表示したり、非表示にすることができる機能である。消しゴムツールなどとは違い、元の画像に干渉しない加工ができるため、後に修正が必要になっても効率的に作[…続きを読む]

リファラー 【Referrer】

【読み:りふぁらー】

リファラーとは、アクセスログに記録されるデータの一つで、ユーザーがサイトに流入する時に利用したリンク元のページの情報を指す。 例えば、ユーザーがページAにあるリンクをクリックし、ページBに訪れた場合、ページBから見たリフ[…続きを読む]

SaaS 【Software as a Service】

【読み:サース】

Saasとは、Software as a Serviceの略称で、一般的にはインターネットを経由し、クラウドサーバー上でユーザーが利用できるソフトウェアサービスのことである。 また、そのサービスを提供している企業のことを[…続きを読む]

PREP法

【読み:ぷれっぷほう】

PREP法(プレップ法)とは、簡潔で説得力のある文書の作成やプレゼンテーション時に用いる文章構成方法のひとつである。 Pは「Point:結論または要点」、Rは「Reason:理由」、Eは「Example:具体例やデータ」[…続きを読む]

アイサス 【AISAS】

【読み:あいさす】

アイサス(AISAS)とは、2004年に広告代理店の株式会社電通により提唱された消費行動プロセスである。 ネットの広告や宣伝に対して消費者が感じる心理の順序を表し、「Attention(認知)」→「Interest(関心[…続きを読む]

アサイン 【assign】

【読み:あさいん】

アサインとは、何かしらの役割や担当に「任命する」という意味で使う言葉である。 「今回はAさんをプロジェクトマネージャーへアサインします」や「今回アサインしたメンバーは5名です」といった使い方をする。 本来は関係性や状況に[…続きを読む]

パントーン/パントン 【Pantone】

【読み:ぱんとーん/ぱんとん】

パントーン/パントン(Pantone)とは、CMYK4色のインクでは出せない色を再現するために調合された『特色インク』の中のひとつである。 特色の中でも、パントーン社が販売しているインクのことをパントーンと呼ぶ。

訴求効果 【appeal effect】

【読み:そきゅうこうか】

訴求効果とは、広告を見た人の欲求に働きかける効きめのこと。 広告を見た人が「商品を買いたい」「サービスを利用したい」という気持ちになる効果のことを指す。 例としては「今回の対象ユーザーには規格ベネフィットを強く打ち出せる[…続きを読む]

SIer

【読み:エスアイヤー】

SIer(エスアイヤー)とは、システム全般の企画、構築、保守、管理などシステム開発にまつわる全ての業務を請け負う企業のこと。また、SIerの「SI」はシステムを構築する意味である「System Integration」の[…続きを読む]

リンク切れ

【読み:りんくぎれ】

リンク切れとは、Webページに掲載されているリンク部分をクリックしても、リンク先のWebページが表示されないこと。 主な原因としてはリンクアドレスが間違っている、リンク先のページが存在しないなどが考えられる。

インタラクティブ 【Interactive】

【読み:いんたらくてぃぶ】

インタラクティブとは、送り手と受け手が交互にやり取りする関係のことを指す。 情報処理や通信の分野では「双方向の」「対話型の」という意味で使われる。 ビジネスシーンのなかでも一方的に情報を伝えるだけではなく、フィードバック[…続きを読む]

ティール組織 【Teal Organization】

【読み:てぃーるそしき】

ティール組織とは、強力な権限を持ったリーダーが存在せず、現場のメンバーが各々で考え自己決定を行う自律的組織のことである。簡単に言うと「それぞれに決定権のある、ボスのいない組織」である。ティール組織は最も進化した組織の形と[…続きを読む]

調整レイヤー

【読み:ちょうせいれいやー】

調整レイヤーとはPhotoshopの機能のひとつである。画像の上に重ねることで間接的に明るさやコントラストその他の色調補正をかけることができる。直接画像の色を調整するときとは違い画像を劣化させず、簡単にもとに戻せたり何度[…続きを読む]

IA 【Information Architecture】

【読み:あいえー】

IAとは、「Information Architecture」の略で、日本語では情報アーキテクチャといわれている。 ユーザーにとって伝えるべき情報を整理し、情報をわかりやすく、見つけやすくすることで、ユーザビリティを改善[…続きを読む]

Chromium

【読み:くろみうむ】

Chromiumとは、Google社が公開しているオープンソースのWebブラウザプロジェクトの総称である。 同社が公開している「Google Chrome」もこのChromiumをベースに開発されている。 元々、Chro[…続きを読む]

サテライトサイト 【satelite site】

【読み:さてらいとさいと】

サテライトサイトとは、メインのウェブサイト(本サイト)と別のドメインを使用して作成する関連サイトである。和訳により、「衛生サイト」とも呼ばれる。 特定のコンテンツやテーマにフォーカスを当てた良質のサテライトサイトは、ター[…続きを読む]

ネガティブスペース 【Negative space】

【読み:ねがてぃぶすぺーす】

ネガティブスペースとは、「余白」や「空白」のこと。別名ホワイトスペースともいう。 「余白」「空白」といっても、ただ白い部分のみではなく、色のついた背景等もネガティブスペースと呼ばれる。

ベネフィット 【benefit】

【読み:べねふぃっと】

ベネフィットとは、利益や恩恵の意味を指す英語だが、広告デザイン業界ではエンドユーザーか商品やサービスを利用することによって得られる利益・プラスの体験のことを指す。 たとえば、鼻毛処理グッズのベネフィットは 「鼻毛をキレイ[…続きを読む]

htaccess

【読み:えいちてぃあくせす】

.htaccess(ドット・エイチ・ティ・アクセス)とは、Apache(アパッチ)などのソフトウェアが使用されている環境で使われるWebサーバーの設定ファイルのことである。これが設置されたディレクトリは、「.htacce[…続きを読む]

ベーシック認証

【読み:べーしっくにんしょう】

ベーシック認証とは、Web上で利用できる認証システムのこと。 インターネット上で利用者を識別して正当性を検証する最も基本的な方式として広く用いられる。ユーザー名とパスワードにより、サイトへのアクセスを制限することができる[…続きを読む]

ダークモード 【Dark Mode】

【読み:だーくもーど】

ダークモード(Dark Mode)とは、PCやスマホなどのデバイスで暗い背景に明るい色のテキストやアイコンを使用する配色のことを指す。 暗い背景を用いることでデザイン要素やコントラスト比を際立たせたり、目への負担も軽減す[…続きを読む]

デファクトスタンダード

【読み:でふぁくとすたんだーど】

デファクトスタンダードとは、事実上の標準という意味で、公的な機関などによって標準として認定されていないものの、使いやすさや人気などにより世の中で評価されて標準となったものをあらわす言葉である。あるメーカーの商品の規格が一[…続きを読む]

輪転サイズ

【読み:りんてんさいず】

輪転印刷機を使用する印刷の用紙サイズ。四方に約8mmの白フチが入り、用紙のサイズ、印刷可能な範囲が共に正寸のものとは異なる。印刷会社によって仕様が異なるため、デザイン制作時には事前に確認が必要(折込チラシに多い)。

IFTTT 【IF This Then That】

【読み:いふと】

IFTTT (イフト) とは、異なるソーシャルメディアやプラットフォームを連携させるWebサービスのことで、あるツールで特定の動作をしたときに、別のツールで付随した動作を自動的に行うことが出来る。 IFTTTという名称は[…続きを読む]

IoT 【Internet of Things】

【読み:あいおーてぃー】

IoTとは、様々なモノがインターネットに接続され、通信することによってお互いに制御しあったり連携したりする仕組みである。また、日本語では「モノのインターネット」と呼ばれることもある。 近年のスマートフォンをはじめとするデ[…続きを読む]

ロングテールキーワード 【longtail keyword 】

【読み:ろんぐてーるきーわーど】

ロングテールキーワードとは、ブログなどを用いたコンテンツマーケティングにおけるSEO対策の手法・戦略である。 アクセス数が集中するビッグキーワードのみでの上位表示が難しい場合に、2つ以上のスモールキーワードを組み合わせた[…続きを読む]

バッファ 【buffer】

【読み:ばっふぁ】

バッファとは、物や時間、人などについて、余裕を持たせている部分のこと。

キャッチコピー 【catch copy 】

【読み:きゃっちこぴー】

キャッチコピーとは、人の注意を引く宣伝文句のこと。 チラシ・パンフレット・ホームページ・CMなど、あらゆる媒体で使われ、基本的には広告においてキャッチコピーは必ず必要なもの。 キャッチフレーズと呼ばれる場合もあり、コンセ[…続きを読む]

角R

【読み:かどあーる】

角R(かどあーる)とは、“角の丸み”のこと。角丸と同じ意味で使われる。 角Rの“R”は半径を表す英語であるRadiusの頭文字を取ったもの。

イメージ訴求 【 Image appeal】

【読み:いめーじそきゅう】

イメージ訴求とは商品やサービスが持つ性格やイメージを軸にしたアピールのこと。ユーザーに未来を想像させ、感覚的に商品やサービスを理解してもらうことを目指す訴求方法を指す。エッセンス訴求と同義。 ブランディングにおいて写真や[…続きを読む]

GDPR 【General Data Protection Regulation】

【読み:じーでぃーぴーあーる】

GDPRとは、「EU一般データ保護規則」と呼ばれ、「General Data Protection Regulation」の略である。 欧州連合 (EU) 内の全ての個人のために、個人情報保護の強化を目的とした新しい法律[…続きを読む]

レティーナディスプレイ 【Retina Display】

【読み:れてぃーなでぃすぷれい】

レティーナディスプレイとは、スケーリング技術を施した高精細ディスプレイのこと。 通常の高精細ディスプレイはドットバイドットで表示するが、レティーナディスプレイは物理解像度をスケーリングした“論理解像度”で表示してる。 ま[…続きを読む]

コンバージョン(CV) 【conversion】

【読み:こんばーじょん】

コンバージョンとは英語単語で「Conversion」と表記し、「変換」「転換」「転化」といった意味である。 WebサイトやWeb広告における、最終的な成果(ホームページでの目的やゴールの達成)の指標として用いられる。 略[…続きを読む]

スキューモーフィズム

【読み:すきゅーもーふぃずむ】

スキューモーフィズムとは「他のものに似せて作られたもの」という意味で、物の模様や質感など何かを模倣して作られたデザインをスキューモーフィズムデザインと呼ぶ。 例えば新聞や、雑誌などの印刷の風合いを生かしたビジュアルや、携[…続きを読む]

プラットフォーム

【読み:ぷらっとふぉーむ】

プラットフォームとは、基盤や土台となる物や場所、そして環境を意味する言葉であり、ビジネス用語としては、商品やサービスを提供する企業と利用者が取引を行える場所やそれを提供することを、プラットフォームと言う。有名なもので言う[…続きを読む]

ランディングページ最適化 【LPO】

【読み:らんでぃんぐぺーじ最適化】

ユーザーが検索エンジンなどから最初に訪れるページ(ランディングページ)を改善することを指す。 ランディングページに個々のユーザーの目的に合わせたコンテンツやクリエイティブを用意することで途中離脱を防ぎ、効果的にコンバージ[…続きを読む]

MR 【Mixed Reality】

【読み:えむあーる】

MRとは、複合現実のことで、現実空間と仮想空間を混合し、現実のモノと仮想的なモノがリアルタイムで影響しあう新たな空間を構築する技術全般のことである。 現実の空間を軸とし仮想環境を点在させる拡張現実(AR)と、現実空間を仮[…続きを読む]

ロケハン 【location hunting】

【読み:ろけはん】

ロケハンとは、写真や映像の撮影ロケ当日までに実際のロケ現場に赴き、撮影に適した場所や位置を探し、カメラアングルや撮影手順等を下調べすることである。 ロケーション・ハンティング(location hunting)を略した和[…続きを読む]

煙草 【cigarette / tobacco】

【読み:たばこ】

煙草とは、クリエイターのストレスを緩和し、体を蝕む麻薬の一種。 ただし昨今の喫煙者糾弾に伴い、喫煙すること自体にもストレスがかかるためメリットが皆無の麻薬となりつつある。 主にカフェインと共に摂取される機会が多く、コーヒ[…続きを読む]