あ行

インスタグラマー(インフルエンサー)

【読み:いんすたぐらまー(いんふるえんさー)】

Instagramにおいて、大きな影響力を持つユーザーの名称。 特定分野(ファッション・インテリア・グルメetc.)の専門性が高く、発信する情報が有益なことからフォロワーが多いことが特徴。 フォロワーが多いことから企業の[…続きを読む]

アンカーリンク 【anchor link】

【読み:あんかーりんく】

アンカーリンク(ページ内リンク)とは、ウェブページ上でクリックすると特定部分にジャンプ(遷移・移動)するリンクのことをいう。ウェブページの見出しとして用いられることが多い。

インストリーム広告

【読み:いんすとりーむこうこく】

インストリーム広告とは、YouTubeなどの動画サイトで視聴したい動画の前後に挿入される広告である。 インストリーム広告の種類は様々あり、 例えば5秒後に広告をスキップすることができるスキッパブル広告もその一つである。 […続きを読む]

インサイト 【insight】

【読み:いんさいと】

インサイトとは、消費者の行動や思惑、それらの背景にある意識構造を見ぬいたことによって得られる「購買意欲の核心やツボ」のことを指す。 「顧客インサイト」や「消費者インサイト」など、対象による消費活動や購買意欲を促す潜在的な[…続きを読む]

OODAループ

【読み:おーおーでぃーえーるーぷ】

OODAループとは、ビジネスにおけるフレームワーク手法の一つ。PDCAサイクルと比較されることが多い。 Observe(観察)、Orient(状況判断、方向づけ)、Decide(意思決定)、Act(行動)の4つの行動の頭[…続きを読む]

一覧を見る

か行

角丸

【読み:】

図形や写真など、オブジェクトの角を丸くする処理の事である。(例:このデザイン案の写真は角丸にしといてね。)柔らかい雰囲気を演出する際などに用いられやすい。由来は本の小口側の角を丸く切り落とす製本工程。

ゲシュタルト 【Gestalt】

【読み:げしゅたると】

ゲシュタルトとは、「形」、「形態」、「状態」を意味するドイツ語である。対象を、部分の寄せ集めとしてとらえるのではなく、ひとつのまとまりとしてとらえた、その姿のこと。 デザイン業界では、「似ているものをグループ化し、閉じた[…続きを読む]

黒つぶれ

【読み:くろつぶれ】

黒つぶれとは、画像データの中で、撮影時の露光量不足などによって真っ黒になっている箇所のこと。 対義語は「白とび」で、いずれの現象も撮影機材の露出設定が不適切であるために起こる。 黒つぶれした画像は、レタッチによって露光量[…続きを読む]

ケバブケース

【読み:けばぶけーす】

ケバブケースとは、複合語などの複数の単語が組み合わさった時、単語と単語の間を「-(ハイフン)」で繋ぐ命名規則のこと。「ケバブ」は単語を肉に、ハイフンを串に見立てた串焼きが由来になっている。チェインケースと呼称する場合もあ[…続きを読む]

コンポーネント 【component】

【読み:こんぽーねんと】

本来コンポーネント(component)とは、部品や成分を意味する英単語であり、機械や電子機器、オーディオ機器など幅広い分野で使用されている。IT分野においては、ソフトウェアやシステムを構成する部品や要素のことを示す。 […続きを読む]

一覧を見る

さ行

ソリューション 【solution】

【読み:そりゅーしょん】

ソリューションとは、「問題解決」という意味で使用され、ラテン語の「束縛から解放された」を意味する「solut」が語源となっている。

CPF(Cost Per Fan/Cost Per Follower)

【読み:しーぴーえふ(こすとぱーふぁん/こすとぱーふぉろわー)】

CPF(Cost Per Fan/Cost Per Follower)は、目的(ファン/フォロワー獲得)を達成するために発生した費用を指す。 ファン・フォロワー単価とも言われる。 目的は、SNS広告・プロモーションによる[…続きを読む]

16進数 【hexadecimal】

【読み:じゅうろくしんすう】

16進数とは16を基数とした”0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, A, B, C, D, E, F”で数を表す方法である。身近なところで使われおり、デザインソフトなどで使っ[…続きを読む]

ステルスマーケティング 【Stealth Marketing】

【読み:すてるすまーけてぃんぐ】

ステルスマーケティングとは、広告やPRであることを消費者に隠して行われる宣伝方法のことである。 ゲリラマーケティングのひとつで、英語圏ではアンダーカバーマーケティングと呼ばれる。 略称はステマで、ヤラセやサクラなどもこの[…続きを読む]

スネークケース

【読み:すねーくけーす】

スネークケースとは、複合語などの複数の単語が組み合わさった時、単語と単語の間をアンダーバーで繋ぐ命名規則のこと。DBの表記などに使われることが多い。キャメルケースで紹介した「McDonald」をスネークケースで表記すると[…続きを読む]

一覧を見る

た行

ドロップシャドウ

【読み:どろっぷしゃどう】

ドロップシャドウとはアピアランス効果の1種で、対象となるオブジェクトやテキストに影をつけて立体的に演出する効果のことを指す。 影をつけるだけでなく、ドロップシャドウを用いると、写真やイラストなど複雑なオブジェクトの上に載[…続きを読む]

トップダウン

【読み:とっぷだうん】

トップダウンとは、2つの違った意味があり、経営での意味は組織の上層部が意思決定をして、その実行を従業員に指示する管理方式のことをいう。システム開発での意味は、段階的に目標を細分化していく設計技法のことで、一番上に全体に関[…続きを読む]

.DS_Store

【読み:ドットディーエスストア】

MacOSによって自動生成するファイルで、フォルダの詳細情報が保存されているファイル。普段は不可視ファイルとして設定されているのだが、コーディングなどの際には不要なファイルなので、Gitなどでプッシュしてしまったり、人に[…続きを読む]

トラッキングタグ

【読み:とらっきんぐたぐ】

トラッキングタグとは、Webサイトに埋め込む計測用のコードのことで、UTMコードとも呼ばれる。 タグ・計測タグ・ビーコンと呼ばれるものと同じ意味だ。 ウェブトラフィックとユーザーの動きを把握することができるため、マーケテ[…続きを読む]

ダイカット 【Die Cut】

【読み:だいかっと】

ダイカットとは、抜き型(ダイ)を使って紙や金属板などを打ち抜く手法のこと。 フレークシール等にこの手法が使われている。

一覧を見る

な行

ノイジーマイノリティ 【noisy minority】

【読み:のいじいまいのりてぃ】

ノイジー・マイノリティとは、声の大きな(やかましい)少数派という意味。 そのままでは「声高な少数派」「声だけ大きい少数者」という意味になるが、「声高に批判する人は少数派である」という意味も込められている。 昨今ではクレー[…続きを読む]

内部リンク

【読み:ないぶりんく】

内部リンクとは現在見ているWebページの中で、ページ間で相互に張り巡らせられているリンクのこと。内部リンクをWebサイト内を移動する導線として正しく配置することは、SEO対策に有効とされる。また、現在見ているWebページ[…続きを読む]

ネガティブスペース 【Negative space】

【読み:ねがてぃぶすぺーす】

ネガティブスペースとは、「余白」や「空白」のこと。別名ホワイトスペースともいう。 「余白」「空白」といっても、ただ白い部分のみではなく、色のついた背景等もネガティブスペースと呼ばれる。

ノド

【読み:のど】

ノドとは、書籍や冊子などの部位の呼称で、製本時の綴じる側を指す。 ノド部分の余白は「ノド空き」と呼び、書籍や冊子の製本の仕方、用途、ページ数、用紙の分厚さなどを考慮した、可読性の高い余白が求められる。 一般的に、文字の割[…続きを読む]

ノッチ

【読み:のっち】

ノッチとは、V字型・U字型などの切り込みのことで、ここではスマートフォンディスプレイのデザインを指す。 画面上部が凹んでいるようなデザインになっており、従来までのベゼルフレームと違い、ディスプレイが大きく見えるのが特徴。[…続きを読む]

一覧を見る

は行

ハンバーガーメニュー

【読み:はんばーがーめにゅー】

ハンバーガーメニューとは、主にスマートフォンやタブレットに対応したWebサイトで見かける三本線「≡」のアイコンを使ったナビゲーションメニューのことである。クリック・タップすることでメニューが表示されたり、折りたたまれたり[…続きを読む]

NFT 【NFT】

【読み:ひだいたいトークン】

NFTは“Non-Fungible Token”の略で、「非代替性トークン」と訳される。 名前の通り、代替や交換されることのないデータのことで、偽造不可な鑑定書&所有証明書付きのデジタルデータである。 ブロックチェーン上[…続きを読む]

バンパイア効果

【読み:ばんぱいあこうか】

バンパイア効果とは、ある商品の広告が、その広告で起用したタレントや他社の類似商品のプロモーションに繋がり、広告の効果が他に分散、吸収される現象のこと。 広告を出したことで他社の商品が売れたり、タレントのイメージが先行して[…続きを読む]

ベストプラクティス 【 best practice】

【読み:べすとぷらくてぃす】

ベストプラクティスとは、結果を得るのに最も効率のよい技法、手法、プロセス、活動など「最も効率の良い方法」を指す。 「最良慣行」や「最善慣行」など、過去や以前から存在する普段から習慣として行うことを指す。 「慣行」というと[…続きを読む]

袋文字

【読み:ふくろもじ】

袋文字とは、文字をアウトラインのみで表示させた状態のこと。文字の装飾の一種。 「白抜き文字」や「縁取り文字」とも呼ぶ。

一覧を見る

ま行

MySQL 【MySQL】

【読み:マイエスキューエル】

MySQL(マイエスキューエル)とは、データベースを管理するシステムの一つ。データベースを用いることでWebアプリやシステムで使用する情報を簡単に取得できるように、そのデータをまとめて構造化することが可能です。WordP[…続きを読む]

マイルストーン 【milestone】

【読み:まいるすとーん】

マイルストーンとは、ビジネスシーンにおいて使用する「プロジェクト管理の用語」のことである。 プロジェクトを進行する中で作業工程の中間地点や、ポイントとなる節目のことをさす。 スケジュールは、全体の計画を表すもの。マイルス[…続きを読む]

MV

【読み:めいんびじゅある】

MVとは、Webサイトの上部に表示される大きな画像等のビジュアルのこと。メインビジュアルの略。ほぼ同意義語としてKV(キービジュアル)という単語があり、類語としてFV(ファーストビュー)がある。

モーダル 【modal】

【読み:もーだる】

モーダルとは、モード(=mode)の形容詞で、同じシステムが少し違ったユーザーインタフェースになった状態のことで、簡単に言うと◯◯モードな状態のことである。例えば、PCが「日本語入力モード」だと入力したテキストがひらがな[…続きを読む]

丸版

【読み:まるはん】

丸版とは、写真やイラストを円形でトリミングして配置する使い方のことを指す。 正円や楕円の形状である丸版は、柔らかいイメージを表現することが可能になる。

一覧を見る

や行

USP(Unique Selling Proposition)

【読み:ゆーえすぴー(ゆにーくせりんぐぷろぽじしょん)】

USPとは、商品やサービスが持っている独自の強みを意味するマーケティング用語である。「自社が持つ独自の強み」と言い換えても良いが、USPは単なる強みの提示ではなく「顧客に対して、自社だけが約束できる利益」を指す。

ユニークユーザー 【Unique User】

【読み:ゆにーくゆーざー】

ユニークユーザー(UU:Unique User)とは、サイトに訪問したユーザーの数のことを指す。 セッション数などと混同されることが多いが、UU数は1人のユーザーが複数ページを閲覧しても、数値は1となる。 また、UU数の[…続きを読む]

UGC

【読み:ゆーじーしー】

UGC(ゆーじーしー)とは、「User Generated Contents(ユーザー生成コンテンツ)」の略語。 企業が作成した一般的な広告ではなく、SNSやブログなどでユーザー自身が発信する、商品やサービスの広告要素を[…続きを読む]

ユーザー生成コンテンツ 【User Generated Content】

【読み:ゆーざーせいせいこんてんつ】

ユーザー生成コンテンツとは、消費者(ユーザー)が制作し、発信されるコンテンツの略称である。 2000年台のインターネットメディアの加速的な発展により認知された言葉であり、近年は広告業界でも重要視されている。 Twitte[…続きを読む]

ユビキタス 【ubiquitous】

【読み:ゆびきたす】

ユビキタス (ubiquitous) は、いつでもどこでも存在すること、つまり遍在をあらわす言葉である。 ITの分野では、世の中の至る所にコンピュータが埋め込まれ、通信ネットワークを介して互いに連携し、人々がコンピュータ[…続きを読む]

一覧を見る

ら行

ロイヤルカスタマー 【Loyal Customer】

【読み:ろいやるかすたまー】

ロイヤルカスタマーとは潜在顧客・顕在顧客・リピーター・優良顧客というような顧客レベルの定義において、企業が獲得すべき最上級の顧客レベルと定義される。特に継続課金型のサブスクリプションモデルや、EC事業において重要指標とな[…続きを読む]

ロゴタイプ 【logotype】

【読み:ろごたいぷ】

ロゴタイプとは、図案化・装飾化された文字・文字列がデザインされた意匠文字のことである。 ブランド名や社名、商品名などを印刷・表示する際に使用される。

ラジオボタン 【radio button】

【読み:らじおぼたん】

ラジオボタンとは、複数の項目の中から一つを選択するためのボタン状の入力要素を指す。 選択肢の先頭に表示され、そのうちの一つだけを選択した状態にすることができる。 「はい」「いいえ」など選択肢を選ばせるためのアンケートやお[…続きを読む]

リピートグリッド

【読み:りぴーとぐりっと】

リピートグリッドとは、同じ構成要素を繰り返すレイアウト等を簡単に作成することができるAdobe XDの機能である。 ひとつ要素を作成した後、この機能を使用すると同じ要素が複製され、垂直や水平方向へ配置することができる。パ[…続きを読む]

リフレクト印刷

【読み:りふれくといんさつ】

リフレクト印刷とは特殊なインクを使用した印刷技法である。スマートフォンやデジタルカメラでフラッシュ撮影すると、隠された絵柄や文字が光に反射してあらわれる。 フルカラーの絵柄を撮影すると隠れていた絵柄が発光して浮かび上がる[…続きを読む]

一覧を見る

わ行

割付け

【読み:わりつけ】

割付けとは、レイアウトのこと。 文字や画像などをどこにどれくらいの大きさで配置するか決めることを割り付けという。

ワードプレス 【wordpress】

【読み:わーどぷれす】

ワードプレスとは、ブログの更新・運営やコンテンツ管理に特化したオープンソースのソフトウェアCMSの一種。である。 無料で使用することができ、高い拡張性と自由度があるという長所がある反面、カスタマイズのために最低限の専門知[…続きを読む]

ワイヤーフレーム 【wireframe】

【読み:ワイヤーフレーム】

ワイヤーフレームとはwebページを作る際の情報の設計図のこと。どこにどの情報を入れるか、情報の大小などをわかりやすくまとめたもの。

One to Oneマーケティング 【one to one marketing】

【読み:わんとぅわんまーけてぃんぐ】

One to Oneマーケティング(ワントゥワンマーケティング)とは、マーケティング手法のひとつで、顧客ごとの趣味嗜好やニーズ、更には認識・状態・行動履歴などに合わせたマーケティングのこと。 Don Peppers an[…続きを読む]

ワークシェアリング 【work sharing】

【読み:わーくしぇありんぐ】

ワークシェアリングとは、従来1人で行っている仕事、1つの大きな仕事を複数人で分けて進めていくことで、労働条件や労働環境の悪化による過労死や失業者増加のを解決するために活用される方法の1つである。

一覧を見る