Hanshin BMW PPC広告運用

  • #Web広告運用
Client
株式会社モトーレン阪神

Hanshin BMW独自キャンペーンの
認知拡大を目的とした戦略的広告運用

国内で人気の高いBMWの魅力を広く知ってもらうため、Hanshin BMWの5支店(芦屋・西宮・尼崎・箕面・高槻)で展開する独自キャンペーンを広告展開。

他のBMWディーラーでは体験できないキャンペーンの認知拡大と試乗者の増加を目的に、ターゲットに刺さるPPCPPCとは「Pay Per Click」の略で、クリックされるごとに支払う仕組みの事を言う。 クリック課金型の広告の事をPPC広告と呼び、リスティング広告などの検索連動型広告の事をすべてを指す場合もある。広告の戦略を立て、大阪・兵庫・京都・奈良を中心に配信しました。

小旅行・ドライブ・通勤など
実生活利用を想定した3日間の試乗会

他のディーラーでは行われたことがないBMWの「3日間試乗キャンペーン」は、差別性・優位性が明らかでした。

稀有なキャンペーンの興味関心につなげるためにも、バナーバナー とは、ウェブページ上で他のウェブサイトを紹介する役割のある画像のことである。 元々の意味は「横断幕」「垂れ幕」を意味し、ウェブページ上で画像(広告)が目立つように使われたことから、この通名で呼ばれ定着した。 バナーには、検索時に広告として表示される広告バナーやサイト内での回遊率を高めることを目的としたバナーなどがある。デザインに使用するキャッチコピーキャッチコピーとは、人の注意を引く宣伝文句のこと。 チラシ・パンフレット・ホームページ・CMなど、あらゆる媒体で使われ、基本的には広告においてキャッチコピーは必ず必要なもの。 キャッチフレーズと呼ばれる場合もあり、コンセプトコピーと同義語として扱われる場合もある。はキャンペーン名をそのままとし、BMWのブランドイメージを損なわないスタイリッシュなデザインを心がけました。

広告配信設定におけるユーザーセグメントにもこだわり、小型車はセカンドカーにしたい女性と若年層、中型・大型車は男性の中年〜高齢層を中心に設定しました。

地域設定についても、ムダな広告予算を省くため、大阪湾沿岸と大阪北部、京都南部、奈良西部を中心とした5支店に来店できる範囲を徹底的に考察し、エリアを絞り込みました。

BMW 先行試乗会のバナーは
開催場所に特化したユーザーセグメントに

ショッピングモールを開催場所とするBMWの「先行試乗会」は、広告配信戦略上、差別性・優位性が出しにくいため、新車種と人気車種を利用したイメージ訴求広告や販売においてユーザーの購買意欲をかきたてること。 広告デザイン制作の業界では購買意欲だけではなく行動意欲をかきたてることも広義にとらえて使用される。中心のバナーバナー とは、ウェブページ上で他のウェブサイトを紹介する役割のある画像のことである。 元々の意味は「横断幕」「垂れ幕」を意味し、ウェブページ上で画像(広告)が目立つように使われたことから、この通名で呼ばれ定着した。 バナーには、検索時に広告として表示される広告バナーやサイト内での回遊率を高めることを目的としたバナーなどがある。制作を行いました。

ターゲットは、BMWに興味があり、車の買い替えを検討しているユーザー(特にショッピングモール非利用者)に設定。

また、広告配信エリアも各地の開催場所であるショッピングモールを起点に緻密に設定しました。

ショッピングモールから5km圏内の地域は来店率が高いため広告予算を低く、5km圏外にはショッピングモールへの来店を誘発させる狙いで広告予算を高く設定し、常に広告が出続けるシチュエーションを心がけました。

Hanshin BMW キャンペーンサイト
http://h.samplesite-01.info/hbmw/