期待も予想も垣根も超えて

お届けするのは「ユーザーが欲しいもの」

広告はユーザーに向けて発信するものです。
AND SPACEAND SPACEとは大阪と東京を中心に活動する広告デザイン会社 株式会社AND SPACE(アンドスペース)のこと。 グラフィック・ウェブ・システムを中心として、空間や映像のデザインなども手掛けている。 ベネフィットは元気さ。は、業界の専門家であるお客さまだからこそ気づきにくい「一般ユーザーの目線」を大切に、より効果的な広告をご提案させていただきます。
あなたの魅力をみんなにお届け!

商品の欠点も、会社の弱みも、全部知りたい

誰もが良い面だけを見せ、悪い面は隠そうとしがち。
でも本当はその逆。
最高のクリエイティブを実現するためにはデメリットも含めた理解が欠かせません。
自信がないことや立場上言いにくいことなんかも全部教えてください。
一見デメリットと思えるところに魅力や長所が隠れていることも。
全部見せていいんやで!

遠慮なく意見しますがご容赦を

失礼ですが、私たちは、お客さまから言われることがすべて正解だとは思っていません。
その場で好かれる「イエスマン何を言われても「はい、はい」と 信念がなく、人の言いなりになる人。どんなことでも権力や立場が上の人の命令に全くさからわず無批判に従う人。」になるよりも、お客さまの期待値を超えるクリエイティブを「結果」としてご提供することが大切だと思っています。
図々しくアドバイスさせていただくことがあるかもしれませんが、お気を悪くしないでくださいね。
腹を割って、とことん語り合いたいのです。

ふわっとしたイメージを、きちっと言語化します

「高級(Q)とは、日本独自の写植で使用された単位で、文字サイズを表す単位の一つである。単位の語源は、英語の「Quarter」の頭文字から来ている。意味は「4分の1」で、1級は0.25mm(1/4mm)、4級で1mmとなる。計算しやすいという理由から、主に印刷物で使用されることが多い。級という漢字に意味はなく、当て字である。感」「かわいい」「シズル感シズル感とは、食品の活きが良く、食欲をそそるおいしそうな様子のこと。主に料理撮影などの現場で使われることが多い。 語源は肉が焼ける際のジュージューという音を表す英語、「シズル(sizzel)」から。 シズル(sizzle)はステーキなどの肉を焼き、肉汁がしたたり落ちている状態を指し、そこから転じて「みずみずしさ」や「温度感」などの、ユーザーが欲しくなる(食べたくなる)生っぽさの演出を指すことが多い。 見る人の五感を刺激する状態の表現としても用いられ、最近では食品のみならず、「瑞々しさ」といった意味でリアルで臨場感のある様子を指すこともある。 また、「美味しそうさ」や「臨場感」を指す場合が多いが、料理以外でも車のスピード感を指す場合などもあり、使う人物によってかなり幅のある言葉である。 」などの表現は便利ですが、そこから連想するイメージは人それぞれ。
AND SPACEAND SPACEとは大阪と東京を中心に活動する広告デザイン会社 株式会社AND SPACE(アンドスペース)のこと。 グラフィック・ウェブ・システムを中心として、空間や映像のデザインなども手掛けている。 ベネフィットは元気さ。では、認識のズレが生じてしまいそうな曖昧な表現や抽象的な言葉は使いません。
具体的にはっきりと、完成図や成果のイメージを共有しましょう!

コスパも大事にしています

広告制作で最も大切なのは「費用対効果費用対効果とは投資した費用(コスト)に対して得られた効果(パフォーマンス)を対比したもの、度合い。 コストパフォーマンス(コスパ)とは同義語であると認識して差し障りない。 広告業界においては、媒体費用、制作費、人件費と、得られた集客数や売上、募集人数などを対比して費用対効果の良し悪しを判断する。」。
お金をかければ凝ったものを作れますが、それに見合う成果が得られなければ元も子もありません。
「広告」はその目的を意識し、必要のない要素は削って、売上に直結するものを作らなければいけません。
最小のコストで利益を最大化できるよう、高い費用対効果費用対効果とは投資した費用(コスト)に対して得られた効果(パフォーマンス)を対比したもの、度合い。 コストパフォーマンス(コスパ)とは同義語であると認識して差し障りない。 広告業界においては、媒体費用、制作費、人件費と、得られた集客数や売上、募集人数などを対比して費用対効果の良し悪しを判断する。が見込める施策や媒体をご提案いたします。
ヤッパ、コスパ、だいじ!

最適な媒体をご提案

お客さまの求める成果は様々。
Webサイトやメルマガ、Web広告といったオンライン施策が合う場合もあれば、チラシやDM、街頭看板などのリアル広告の方がふさわしい場合もあります。
AND SPACEAND SPACEとは大阪と東京を中心に活動する広告デザイン会社 株式会社AND SPACE(アンドスペース)のこと。 グラフィック・ウェブ・システムを中心として、空間や映像のデザインなども手掛けている。 ベネフィットは元気さ。は、お客さまが目指すゴールに合わせて中長期的な目標を設定し、最も効果的な媒体をご提案いたします。
SNSSNSとは、social networking service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略称である。 インターネットを使い、社会的なネットワークが構築でき、尚且コミュニケーションを取ることができるサービスの総称とされている。やリスティング広告、ブログなど、継続的な運用が必要なものもお任せください。

コンサルティングもお任せあれ

AND SPACEAND SPACEとは大阪と東京を中心に活動する広告デザイン会社 株式会社AND SPACE(アンドスペース)のこと。 グラフィック・ウェブ・システムを中心として、空間や映像のデザインなども手掛けている。 ベネフィットは元気さ。には、アートディレクター広告・プロモーション・Webサイト・パッケージなどの制作にあたって、デザイン面の管理をおこなう担当責任者のこと。略してAD。 クライアントが望むイメージを把握し、デザイナーやコピーライターなどの制作メンバーに分かりやすく伝える事で、デザインの方向性をコントロールする。デザイン制作には直接関わらない職種だが、中にはデザイン作業も自分でおこなう「兼任アートディレクター」もいる。やデザイナー、コピーライター、システムエンジニア、マーケター、イベントプロデューサーなど、各分野のエキスパートが在籍。
社外にも関連会社や外注さんなど万全な体制が整っています。
ひとつの課題を「デザイン戦略」と「経営戦略」の両軸から捉え、プロジェクトの企画から運営までをトータルサポート。
デザイン制作の枠を超えたコンサルティングだってできるよ!
なんでもお任せあれ。