さ行

サーバ

【読み:さーば】

サーバとは、サーバーとはサービスや機能を提供する側のコンピュータを指す。ユーザーはインターネットを介してサーバと繋がることで、Webページ閲覧の他、メールやネットショッピング、SNSなど、インターネットに関わるあらゆるサ[…続きを読む]

視認性

【読み:しにんせい】

視認性とは、目でデザインを見たときに認識しやすいかどうかの度合いを指す。瞬間的な判断で認識できるものに対して「視認性が高い」「視認性に優れている」と言い、またその反対で認識しづらいものに対して「視認性が低い」といった使い[…続きを読む]

シナジー効果 【synergy】

【読み:しなじーこうか】

シナジー効果とは「相乗効果」のこと。2社以上の企業同士、企業内の異なる事業部同士が協力し合うことによって生まれる相乗効果を指すビジネス用語として使用されている。単にシナジーとも呼ばれる。 シナジー効果を狙った戦略によって[…続きを読む]

サマリー 【summary】

【読み:さまりー】

サマリーと膨大な情報や長い文章を簡潔にまとめることを指す。英語では「summary」と書き、概要、要約を意味する。 また、excelで合算するときに使用する関数「SUM」もサマリーから来た名称である。

訴求対象 【appeal target】

【読み:そきゅうたいしょう】

訴求対象とは、広告を訴えかけるターゲットユーザーのこと。 「商品を買いたい」「サービスを利用したい」という気持ちになるよう働きかける相手のことを指す。 例としては「今回の広告では体調管理に不安感を持つ、未婚の30代男性を[…続きを読む]

GIF 【Graphics Interchange Format】

【読み:じふ】

GIFとは、「Graphics Interchange Format」の略称で、画像フォーマットの一つである。一般的に拡張子は「.gif」が用いられる。 256色以下の画像を使用することができる可逆圧縮形式のファイルフォ[…続きを読む]

スミ

【読み:すみ】

スミとは黒色のこと。CMYKのK(黒)の意味として使われており、「スミ100%」「スミベタ」「スミ文字」という使い方をすることがある。

訴求 【appeal】

【読み:そきゅう】

広告や販売においてユーザーの購買意欲をかきたてること。 広告デザイン制作の業界では購買意欲だけではなく行動意欲をかきたてることも広義にとらえて使用される。

装丁

【読み:そうてい】

装丁(装幀)とは、書籍の表紙やカバーのこと。 装丁を作成することを「装丁デザイン」と言い、装丁を専門に制作するデザイナーのことを、「装丁家」「装丁デザイナー」と呼ぶ。 書籍を制作するデザイナーの総称である「ブックデザイナ[…続きを読む]

CPC 【cost per click】

【読み:しーぴーしー】

CPC(Cost Per Click)とは、「クリック単価」とも呼ばれ、クリックによって課金される「クリック課金型広告」の効果をはかる指標で、クリック1回あたりにかかる料金のことを指す。CPCはユーザーを効率的にWebサ[…続きを読む]

シンメトリー

【読み:しんめとりー】

シンメトリーとは、色・形・性質などといった構成が中心を軸に左右対称、または上下対称である状態のことを指す。 両者が均整・相称な関係にあり、反対にこれらの関係が破られた左右・上下不対称の状態をアシンメトリーという。

セリフ体 【serif】

【読み:せりふたい】

セリフ(Serif)体とは、文字の線の端につけられる線や装飾(セリフ)がある英字書体の総称。 セリフがつかないフォントはサンセリフ体と呼ばれる。日本語フォントにおいての明朝体のイメージ。 有名フォントとして、Garamo[…続きを読む]

サンセリフ体 【sans serif】

【読み:さんせりふたい】

サンセリフ(Sans Serif)体とは、文字の線の端につけられる線や装飾(セリフ)がない英字書体の総称。 セリフがつくフォントはセリフ体と呼ばれる。日本語フォントにおいてのゴシック体のイメージ。 有名フォントとして、H[…続きを読む]

スプリットスクリーンレイアウト 【split screen layout】

【読み:すぷりっとすくりーんれいあうと】

スプリットスクリーンレイアウトとは、「スプリット(split)= 分割する」という意味のとおり、画面を大きく分割してデザインするレイアウト手法である。画面を分割することで左右の境界線が明確になり、対比によってそれぞれが強[…続きを読む]

CMYK

【読み:しーえむわいけー】

CMYKとは、C=シアン(青)、M=マゼンタ(赤)、Y=イエロー(黃)、K=キープレート(黒)の4色による色の表現方法である。 家庭用・業務用を問わず、プリンターによる印刷の色表現は、色料の3原色であるシアン・マゼンタ・[…続きを読む]

損益分岐点 【break-even point】

【読み:そんえきぶんきてん】

損益分岐点とは、利益額が0円のときの売上高を指すビジネス用語である。 損益分岐点よりも売上高が上回れば利益が生まれ黒字となり、この額を下回れば赤字になる。

サイトマップ 【sitemap】

【読み:さいとまっぷ】

サイトマップとは、Webサイトの構成を図にまとめたものである。ページ構成を視覚化することでページの重要度、制作ボリュームなどがわかり制作途中で変更があった場合でも情報を整理しやすくなる。その他にも、検索エンジン(クローラ[…続きを読む]

スマートディスプレイ 【smart display】

【読み:すまーとでぃすぷれい】

スマートディスプレイ(Smart Display)とは音声操作のアシスタント機能を持つモニターのこと。つまり画面のついたスマートスピーカーである。本体にはマイクも内蔵されており、話しかけることによって、いろいろな応答や動[…続きを読む]

責了

【読み:せきりょう】

責了とは、「責任校了」の略で、訂正・修正箇所が少ない時、印刷会社やデザイナー、Web担当者に責任をもたせて訂正・修正させ、 クライアントなどが確認することなく校正を終了すること。

素読み

【読み:すよみ】

素読みとは、原稿と照らし合わせず、校正出力紙だけを読み、誤植やレイアウト崩れ等をチェックする校正方法である。

スマートスピーカー 【smart speaker】

【読み:すまーとすぴーかー】

スマートスピーカー(Smart Speaker)とは無線通信接続機能と音声操作のアシスタント機能を持つスピーカーのこと。AIスピーカーとも呼ばれる。本体にはマイクも内蔵されており、話しかけることによって、いろいろな応答や[…続きを読む]

ソリッドデザイン

【読み:そりっどでざいん】

ソリッドデザインとは、ブラウザの横幅を変更してもコンテンツの表示サイズが固定されていて変更されないwebデザインのことを指す。 サイズ固定デザインのことで、反対がリキッドデザインになる。

サブスクリプション方式 【subscription】

【読み:さぶすくりぷしょんほうしき】

サブスクリプション方式とは、ユーザーが商品やサービスを購入したタイミングで費用が発生するのではなく、利用した期間に応じて料金を支払う方法。 amazonプライムやhulu、Netflixといった動画配信サービスやSpot[…続きを読む]

刷り取り

【読み:すりとり】

刷り取りとは、主にお客様に納品した紙商品(フライヤー・パッケージなど)を数部取っておき、参考物として自社で保管する際の呼び名である。

サイケデリック

【読み:さいけでりっく】

サイケデリックとは、幻覚剤によって生じる心理的感覚や幻覚、それによってもたらされる視覚や聴覚などの感覚の形容表現。 1960年代後半、原色を駆使した美術やロック音楽が流行し、サイケと呼ばれていた。

ジャンプ率

【読み:じゃんぷりつ】

ジャンプ率とは、タイトルや見出しなどの一番大きな文字サイズと、本文(ボディコピー)サイズ差の比率のこと。 ジャンプ率が高いレイアウトの場合、躍動的でダイナミックな印象に。低い場合は保守的で落ち着いた印象を与える。 紙面や[…続きを読む]

朱書き

【読み:しゅがき】

朱書きとは、主に広告・デザイン制作の現場において、原稿や制作物の出力紙に修正内容を赤色で記入した指示書のことである。現在赤が用いられることに対し「朱」という文字を使うのは、書道での添削に朱色の墨を用いていたことに由来する[…続きを読む]

白抜き

【読み:しろぬき】

白抜きとは、画像、または色のついた背景の上にある文字や装飾が白である状態。 その部分だけインクをのせず白地として残すため、「抜き」と表現される。 本来は染色・印刷における専門用語だが、WEBやバナー等の画面上のデザインに[…続きを読む]

CMS

【読み:しーえむえす】

CMSとは、Content Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の略で、Webサイトを管理・更新できるシステムのこと。WEBサイトの更新で専門知識が必要な部分は全てシステム側に制御させ[…続きを読む]

GUI

【読み:じーゆーあい】

GUIとは、Graphical User Interface(グラフィカル ユーザー インターフェース)の略 機械や端末の操作を、グラフィックやアイコンで視覚的に操作出来るようにしたインターフェースの事。 パソコン・モバ[…続きを読む]

CSS

【読み:しーえすえす】

CSSとは、カスケーディング・スタイル・シート(Cascading Style Sheet)の略。 スタイルシート言語に分類され、構造化文書の見た目を記述するコンピューター言語の一種。 今日WEBサイトを作成する際は、H[…続きを読む]

スタートアップ

【読み:すたーとあっぷ】

スタートアップとは、広義では新しいビジネスをはじめることを指す。 高い成長率を維持する企業のみを指す場合や、ベンチャー企業全般を指す場合もあり、人によっても国によっても捉え方が異なる。 特にアメリカと日本では捉え方が大き[…続きを読む]

シズル感

【読み:しずるかん】

シズル感とは、食品の活きが良く、食欲をそそるおいしそうな様子のこと。主に料理撮影などの現場で使われることが多い。 語源は肉が焼ける際のジュージューという音を表す英語、「シズル(sizzel)」から。 シズル(sizzle[…続きを読む]

Scss

【読み:さす】

Scss(サス)とは、Sassy CSSの略称。 CSSの拡張言語であり、SCSS記法を用いることでコーディングを簡略化することができる。拡張子は「.scss」。 また、変数、ミックスイン、入れ子ルール、名前空間、四則演[…続きを読む]

新規営業

【読み:しんきえいぎょう】

新規営業とは、ビジネス用語の1つで新規顧客開拓営業の略。 新規営業は、新規顧客を開拓し、売上を増やすための方針である。 手段としては、電話で商談予約(通称:アポ、アポイント、アポイントメント)を取って営業する「テレフォン[…続きを読む]

サムネイル

【読み:さむねいる】

サムネイルとは、画像や印刷物、動画などを表示する際に、視認性を高めるために縮小させた見本のこと。 オリジナルの画像を開かずに内容を把握できるため、画像の移動や整頓が安易におこなえる。 画像以外にも、文書、PDFなどのペー[…続きを読む]

什器

【読み:じゅうき】

什器とは、店舗やショールームなどにおいて、商品を陳列・設置・掲示するための器材全般のことを指す。 由来は、寺で宗徒が使う器具や生活用品を指す「什物」から。 材質は金属・プラスチック・紙など様々である。 棚やショーケースな[…続きを読む]

jQuery

【読み:じぇーくえりー】

jQueryとは、「JavaScript」と呼ばれるプログラムをより簡単に扱いやすくしたファイルのこと。 主に、クリックやタップ時の挙動の制御や、アニメーションの実行、フォームのエラーチェックなど様々な場面で使われる。 […続きを読む]

ジンバル

【読み:じんばる】

ジンバル(Gimbal)とは、ブレのない動画を撮影する事を目的とした電子制御式スタビライザーのこと。 ジャイロスコープや羅針盤などにも使われており、地平線に対して常に垂直を向くように制御されている。

360度カメラ

【読み:さんびゃくろくじゅうどかめら】

360度カメラとは、一度の撮影で全天球(上下左右360度)の静止画や動画が撮影できるカメラのこと。全天球カメラとも呼ばれる。 複数のレンズで撮影した映像を高精度なつなぎ処理にて自動的に全天球映像が作成される。