Date: 2021/06/26

アンスペ学校2年生になった人のはなし。新卒デザイナーだった人がなんかを語る

お久しぶりです。デザイナーの辻本です。
2匹のチワワに挟み撃ちされたことがややトラウマです。
攻撃を受けたわけではありませんが、あっけなく挟まれたことにより
なぜか生き物としてのステータスの低さをひしと感じたのです。

さて、前回は「アニメーションすごいよな〜」みたいな感じの記事を投稿いたしました。
今回は入社して早1年。社会人2年目を迎えることになった私が、気づいたことや学んだこと
絶賛勉強中の身ではありますが薄ーーーーく綴らせていただきます。グラフィックデザイナーとか、そっち系興味あるけどどうなん…みたいな方の解像度解像度とはビットマップ画像の画素数のことである。 コンピュータグラフィックスでは画像を点(ドット)の集合体で表現している。その際の点の密度のことを解像度という。単位は1インチあたりの点の数を表すdpiが使われている。を少し上げることができたらええわね〜と思います。

デザイン頑張って1年、ってだけなので。人差し指を突きつけて、「異議あり!」をしないでいただけますと幸いです。

入社前のあたし

ざっくりこんな感じです。

・Adobe Illustratorの勉強は週2
イラスト学科卒で絵で仕事しようとは思っていなかった
・デザインに対してやりごたえと楽しさを感じている
・ガルボがすごく好き

地に足がついていないふわふわ加減。では、私が気づいたことを私の主観・偏見諸々盛々で綴らせていただきやす。

いっぱいかんがえるおしごと

Webデザイナーやグラフィックデザイナーってあくまでも私の主観ですが、気遣いのお仕事なんだなと、あほヅラでなんとなく思っています。鼻水も垂らしています。

イラストの制作をしていた時はひとつの絵のストーリーを掘り下げることがとても好きでした。
割とそういうのは得意やし向いてるやろ!なんて浅はかなことを考えた時もありましたね。
ただ、そういう掘り下げだけだと、自分のことしか考えていないだけなのかもしれないなーと今ならそう思えます。
(個人的に私が描いていた絵は「魅せる」に近く、デザインは「伝える」に近いと思うので仕方がないものです)

あんまり大したことは言えないのですが、伝言ゲームの途中で間違った発言が出ると最後の回答が違う!なんてことになりますよね。制作したものを見てもらう人(例:消費者)が素直に受け取ったことが、こちらが目指していたものと全く違ってしまうのはあまりよくないことなんだろうなとうっすら思っています。

こんなの配達頼んでないんですけど!?とならないためにも、どう表現すれば正しく、素敵に伝わるのだろうと考える必要があります。 (時と場合によるのかもですが)
しかしそれがうまく表現できなかったり、掘り下げが足りなかったり、そもそもデザインが下手だったりと課題が尽きません。
1年やったところでどうにもならん。えーーーーん

この記事なんだか偉そうに見えますか?怖くなってきました。何か間違ったことを言ってそうなんだもん…。

いっぱいしらべるおしごと

Adobe IllustratorやPhotoshopにXD…Adobe様のソフトを使用していますが、
本当に知らないことばかり!宝の持ち腐れじゃないか。と常々思うのです。
そして知らないことはソフトだけではなく、印刷の知識、広告の知識、Webの知識、案件の商品のことなどなどなど。
なるほど。当たり前のことを言いますが、知らないことは無限なのです。わからないなら調べよう!偉い大人の人に聞こう!ということなのです。 さらに、たくさん考えるためにはたくさんモノを知ることが大事になってくるのではないか?ということなのです。

無限なのです………..。

こんなことを言いつつも、まだまだ調べる力が足りません。些細なことにも気づいていきたい。

いっぱいすきになれるおしごと

相手を知れば知るほど好き(愛着)になってきちゃった!これ、私は割とあります。
それから、電車に乗った時や都会の広告を見た時、私の場合は地元の山やお寺のポスターなど
前まで全く気にしていなかったものに視点がいくようになりました
無意識に広告を見ていると、友人には「好きな感じのやつやった?」なんて聞かれることも。

好きなもの、興味があるものが増えるのって、私は素敵なことだなって思います。

みんなでまなぶおしごと

先輩方や上司の方々は皆さん「ずっと勉強の日々」のようなことをおっしゃいます。
そんな学ぶ姿勢や行動力を見ていると、私が学ばなくてどうすんだ。と思ってしまいます。負けないぞ!
学生の方、就活中の方、デザイン始めたいなと思っている方!実力がないから…ワイなんかがデザイナーなんて…なんて思わないでくださいね!!みんな結局お勉強を積み重ねているのですから。多分。

ながくなりましたが

結論とかはないです!まだ何にも見つかっていませんので。これからも私なりに頑張ります!おー!
なんか声だけはでけえやつだよなって思われたらもう、おしまいですよ。(歪んだ方の辻本)

どんどん暑くなって参りますので、お体に気をつけて!もう7月ですね。早いなあ
7月といえば、大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- のNintendo Switch版が発売される月でもあります。皆さんも購入して「異議あり!」しましょうね。

それでは、また。

辻本

この記事を書いた人

猫ひろしと同じ“身長147cm”のゴールデンルーキー。谷川が講師を務める専門学校の生徒の中で唯一、ポートフォリオポートフォリオとは、デザイナーやイラストレーターといったクリエイティブ職に就職する際に、企業宛に提出する自分の作品集のこと。 企業側は面接での対応に加え、ポートフォリオを見て個性やスキルを判断する。形状や記載内容に全企業共通の規定は特にないが、会社によってはルールが定められていることもある。を送りつけてきたアグレッシブさと将来性が買われ、インターンから手っ取り早くAND SPACEAND SPACEとは大阪と東京を中心に活動する広告デザイン会社 株式会社AND SPACE(アンドスペース)のこと。 グラフィック・ウェブ・システムを中心として、空間や映像のデザインなども手掛けている。 ベネフィットは元気さ。の一員に。ハムスター扱いされる見た目とは裏腹に、幼稚園から高校卒業までの習いごとはジャズダンス。そんな意外性を武器に、自身の感性を思いっきり発揮したデザインを繰り出し、いずれは「辻本」という名のジャンルを築きあげるのが目標。小さなサイズ感も「私のブランド」と言える、肝っ玉の大きさが最大の魅力。