Date: 2016/12/05

Photoshopの金加工の作り方

僕はPhotoshopを多様したグラフィックデザインを長年やってきたのですが、その中でもあまり周知されていない(自分の周りでは知ってる人がほとんどいない)Photoshopを使ったテキストの金加工を解説いたします。 ※PhotoshopのバージョンはCC2015.5.1です

1.新規ドキュメントを作成し、タイトルにするテキストを入力

今回はB4サイズの広告デザインをすることを想定して新規ドキュメントを作成します。 テキストは例として「WINTER SALE」としておきます。

新規ドキュメント_ウィンドウ新規ドキュメント_ビジュアル

2.レイヤー効果のベベルとエンボスを適用

レイヤー効果のベベルとエンボスを下記の数値で適用する。 ※シャドウの色はK100です。 ※レイヤー効果の数値は、後で調整することになるので、ここで完璧にする必要はありません。

ベベルとエンボス_メニューベベルとエンボス_ウィンドウベベルとエンボス_ビジュアル

3.レイヤー効果のグラデーションオーバーレイを適用

レイヤー効果のグラデーションオーバーレイで黒から白へのグラデーションを適用する。 ※黒はK100です。

グラデーション_ウィンドウグラデーション_ビジュアル

4.レイヤー効果の光彩(内側)を適用

レイヤー効果の光彩(内側)を白で下記の数値で適用する。 ※この数値も後ほど調整する可能性があります。

光彩内側_ウィンドウ光彩内側_ビジュアル

5.レイヤー効果のサテンを適用

レイヤー効果のサテンをK100で下記の数値で適用する。これでレイヤースタイルは完成です。 ※この数値も後ほど調整する可能性があります。

サテン_ウィンドウサテン_ビジュアルレイヤー効果完成

6.調整レイヤーのトーンカーブを作成

新規調整レイヤー調整レイヤーとはPhotoshopの機能のひとつである。画像の上に重ねることで間接的に明るさやコントラストその他の色調補正をかけることができる。直接画像の色を調整するときとは違い画像を劣化させず、簡単にもとに戻せたり何度も修正が可能というメリットがある。調整レイヤー自体の不透明度や描画モードも調整できる。レタッチや画像合成のときにも便利である。のトーンカーブを作成し、下記の通りカーブを調整します。 さらにトーンカーブレイヤーを複製し、下記の通りカーブを調整します。

トーンカーブ_メニュートーンカーブ_ウィンドウ1トーンカーブ_ビジュアル1トーンカーブ_ウィンドウ2トーンカーブ_ビジュアル2トーンカーブ_レイヤー

7.調整レイヤーのチャンネルミキサーを作成

新規調整レイヤー調整レイヤーとはPhotoshopの機能のひとつである。画像の上に重ねることで間接的に明るさやコントラストその他の色調補正をかけることができる。直接画像の色を調整するときとは違い画像を劣化させず、簡単にもとに戻せたり何度も修正が可能というメリットがある。調整レイヤー自体の不透明度や描画モードも調整できる。レタッチや画像合成のときにも便利である。のチャンネルミキサーを作成し、CMYKCMYKとは、C=シアン(青)、M=マゼンタ(赤)、Y=イエロー(黃)、K=キープレート(黒)の4色による色の表現方法である。 家庭用・業務用を問わず、プリンターによる印刷の色表現は、色料の3原色であるシアン・マゼンタ・イエローの3色を混ぜるほど黒に近づいていく減法混合に基づいたCMYKが用いられている。 理論的にすべての色はCMYの3色で表現できるが、綺麗な漆黒を表すことは難しく、インクのランニングコストの観点からもKが別立てになっている。 なお、キープレートの頭文字であるKの語源については、「Black」のKや日本語読みの「kuro」のKと勘違いされていることも多いため、要注意。それぞれを下記の通り調整する。

シアン=シアン0,マゼンタ0,イエロー0,ブラック0 マゼンタ=シアン0,マゼンタ0,イエロー0,ブラック100 イエロー=シアン0,マゼンタ0,イエロー0,ブラック200 ブラック=シアン0,マゼンタ0,イエロー0,ブラック100

チャンネルミキサー_メニューチャンネルミキサー_シアンチャンネルミキサー_マゼンタチャンネルミキサー_イエローチャンネルミキサー_ブラックチャンネルミキサー_レイヤーチャンネルミキサー_ビジュアル

8.調整レイヤーのレベル補正を作成

新規調整レイヤー調整レイヤーとはPhotoshopの機能のひとつである。画像の上に重ねることで間接的に明るさやコントラストその他の色調補正をかけることができる。直接画像の色を調整するときとは違い画像を劣化させず、簡単にもとに戻せたり何度も修正が可能というメリットがある。調整レイヤー自体の不透明度や描画モードも調整できる。レタッチや画像合成のときにも便利である。のレベル補正を作成しCMYKCMYKとは、C=シアン(青)、M=マゼンタ(赤)、Y=イエロー(黃)、K=キープレート(黒)の4色による色の表現方法である。 家庭用・業務用を問わず、プリンターによる印刷の色表現は、色料の3原色であるシアン・マゼンタ・イエローの3色を混ぜるほど黒に近づいていく減法混合に基づいたCMYKが用いられている。 理論的にすべての色はCMYの3色で表現できるが、綺麗な漆黒を表すことは難しく、インクのランニングコストの観点からもKが別立てになっている。 なお、キープレートの頭文字であるKの語源については、「Black」のKや日本語読みの「kuro」のKと勘違いされていることも多いため、要注意。それぞれを下記の通り調整する。

シアン=0,1,200 マゼンタ=0,1,180 イエロー=30,1,200 ブラック=0,2,150

レベル補正_メニューレベル補正_シアンレベル補正_マゼンタレベル補正_イエローレベル補正_ブラックレベル補正_ビジュアルレベル補正_レイヤー

9.最後にレイヤー効果や調整レイヤーの数値を再度調整し、フォルダにまとめマスクする

再度それぞれのレイヤー効果や調整レイヤー調整レイヤーとはPhotoshopの機能のひとつである。画像の上に重ねることで間接的に明るさやコントラストその他の色調補正をかけることができる。直接画像の色を調整するときとは違い画像を劣化させず、簡単にもとに戻せたり何度も修正が可能というメリットがある。調整レイヤー自体の不透明度や描画モードも調整できる。レタッチや画像合成のときにも便利である。の数値を調整する。 このままだとテキストの下のレイヤー全てに調整レイヤー調整レイヤーとはPhotoshopの機能のひとつである。画像の上に重ねることで間接的に明るさやコントラストその他の色調補正をかけることができる。直接画像の色を調整するときとは違い画像を劣化させず、簡単にもとに戻せたり何度も修正が可能というメリットがある。調整レイヤー自体の不透明度や描画モードも調整できる。レタッチや画像合成のときにも便利である。の効果が適用されてしまうので、調整レイヤー調整レイヤーとはPhotoshopの機能のひとつである。画像の上に重ねることで間接的に明るさやコントラストその他の色調補正をかけることができる。直接画像の色を調整するときとは違い画像を劣化させず、簡単にもとに戻せたり何度も修正が可能というメリットがある。調整レイヤー自体の不透明度や描画モードも調整できる。レタッチや画像合成のときにも便利である。全てを一つのフォルダにまとめ、そのフォルダに対してテキストの選択範囲でマスクをかけます。 以上で完成です。

最終のマスク最終

調整レイヤー調整レイヤーとはPhotoshopの機能のひとつである。画像の上に重ねることで間接的に明るさやコントラストその他の色調補正をかけることができる。直接画像の色を調整するときとは違い画像を劣化させず、簡単にもとに戻せたり何度も修正が可能というメリットがある。調整レイヤー自体の不透明度や描画モードも調整できる。レタッチや画像合成のときにも便利である。を変えれば色の変更もできいろいろと応用がききますので、何かで必要になった時に是非ご活用ください。

今井

この記事を書いた人

幼少期に鎌鼬に腕を斬られた男(本人談)。学生時代はバスケに没頭。得意な絵と、好きなスポーツで仕事がしたいと考え、専門学校卒業後はバスケグッズメーカーに入社。2年間勤めた後転職し、2社目で谷川と出会う。デザイン部部長まで出世するも、独立のため退職。谷川から外注として仕事を受ける中、声をかけられ入社、現在に至る。全てにおいて信頼が厚く面倒見がよい。ディレクション力の更なる向上を目指し、日々仕事に取り組んでいる。