Date: 2021/05/15

【日本の◯◯】国旗のこと、国歌のこと、選ばれし国花・国蝶・国鳥とは?

2021年。果たして、この国に2度目のオリンピックはやってくるのでしょうか?

本来であれば、あと指折り数えるほどで『TOKYO2020+1』の幕があがります。さすれば、海の向こうから、各国の旗と名誉を背負ったアスリート達がそぞろやってくるはず…。

ただ、その前に、変異株と化したコロナウイルスとやらが、続々と来日しているらしい。このままじゃ、腹の底から声高に「ニッポン!ニッポン!」とも言えないじゃないか…。

あぁ。そろそろ弱点を教えておくれ、変異株のコロナくん。

どうも。AND SPACEの和服担当、お寺担当、ライター部マネージャーの橋田です。今回は、オリンピックイヤーにあやかり、“ニッポン”のシンボリックなあれこれについて語りたいと思います。

『日の丸』の通称で知られる国旗のこと、『君が代』のタイトルでお馴染みの国歌のこと、それから日本を象徴する花・蝶・鳥まで、一気にご紹介します。

♬まばゆいくらいにエキゾチック、エキゾチーーーック、ジャパーーーーーン♬

【1.日本の国旗】「日の丸」のデザインには意味がある!?

“日出ずる国”に相応しい、真っ赤な真ん丸の正体

白地に真っ赤な真ん丸。とてつもなくシンプルなデザインの日本の国旗は、通称『日の丸』と呼ばれます。その文字通り、ど真ん中の赤色の丸は、日の出の「太陽」を表しています。

では、どうして、日本の国旗の象徴が「太陽」なんでしょうか?古代まで歴史を遡り、理由をいくつか考えてみますと…

◼農耕民族の日本人は、さまざまな恵みを与えてくれる「太陽」の存在を古代から大切にしてきた

◼八百万の神の頂点に立ち、天皇の祖先とされる天照大神(アマテラスオオミカミ)は、「太陽神」である

◼遣隋使を派遣した聖徳太子は、隋の皇帝に宛てた国書で、自国のことを「日出ずる国」と表現した

◼日本の国名はもともと「日ノ本」と呼ばれ、太陽が昇る国を意味していた

てな具合に、むかーし昔から、日本人にとって「太陽」は特別な存在として意識されてきました。ちなみに、日の丸の国旗を英訳すると、“the Rising-San flag”。これまた、ド直球でございますな。

日の丸マークの初登場は、平安末期の源平合戦

日本の国旗「日の丸」が歴史上初めて登場するのは、平安時代末期のこと。「源平合戦」にまでさかのぼります。この時、平氏が掲げた旗印は「赤地に金色の丸」、源氏が「白地に赤色の丸」でした。

さてさて。壇ノ浦(山口県下関市)の洋上までもつれこんだバトルの勝者は、源氏。その後、“将軍”は皆「源氏の末裔」を名乗り、天下統一の証として「白地に赤色の丸」を掲げました。

もしかしたら、もしかして、源平合戦の勝者が平氏だったなら、日本の国旗は「赤地に金色の丸」のデザインだったかもしれんのです…。

「白」「赤」「丸」それぞれの意味

2トーンのシンプルなデザインの「日の丸」ですが、色と形それぞれに意味があります。

そもそも赤と白の配色は、縁起がいいとされる伝統色の組み合わせ。めでたい場の「幕」も「餅」も、だいたいが“紅白”ですからね。そんでもって、それぞれの意味は…

◼白色→純潔/神聖

◼赤色→博愛/活力

◼丸形→団結/円満

ふむふむ。実に、よくできたコジツケであります。

 

【2.国旗・国歌】「君が代」は、誰が詠んだか分からぬ“恋の歌”!?

ギネス認定の“世界一短い国歌”の作者とは…

♬君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで♬

この、世界一短い歌詞の国歌としてギネス認定されている日本の国歌『君が代』は、いつ、誰が作った歌かご存知ですか??
その答えは、「よーわからん」が正解。もとを辿ると、平安時代初期の『古今和歌集』に掲載の“読人知らずの和歌”が原典です。古くから長寿を祈る祝賀の歌として愛されきた『君が代』が、“国歌”として日の目を見たのは、明治になってすぐの頃でした。

『君が代』の歌詞に込められた意味

さて、なにげなーく覚えて、それとなーく口ずさんできた『君が代』の歌詞の意味を考えたことはありますか?
王政復古が宣言された明治以降、特に戦時中までであれば、「君=君主=天皇」と解釈することが当たり前だったかもしれません。しかし、古代まで遡ると、もっとロマンチックな「君」の解釈が登場します。

まずは、「君」の漢字を「キ」と「ミ」の音に分解してみましょう。そして、『日本書紀』に綴られた日本神話にまで時を移しましょう。

イザナ「ギ」ノミコトとイザナ「ミ」ノミコト

国生みと神生み伝説の主人公である男神「イザナギ(キ)ノミコト」女神「イザナミノミコト」。この2人の神の名前の1字違いはギ(キ)とミです。

要するに、「ギ(キ)=男」「ミ=女」と定義づけられ、『君が代』の出だしである「君」は、男女のペアを表しますざっくりと現代語訳してみると、こうなります。

【君が代は】=男と女がいつの時代も仲睦まじく

【千代に八千代に】=千年も万年も永遠に

【さざれ石の巌となりて】=小石が集まってひとつの岩となるが如く結束しあい

【苔のむすまで】=その岩に苔が生えるまで固い絆を結んでいこう

ちなみに、これが「さざれ石」が巌になったやつ↓↓↓

女性から男性に向けた究極のラブ・ソング

先ほど、『君が代』の原典は、平安初期編纂の『古今和歌集』と紹介しました。ただし、当時掲載された歌の出だしは、「君が代は」ではなく「我が君は」だったんです

平安時代、「君」の1字は「男性」を意味しました。よって、実はこの歌、とある女性が思いを寄せる男性に向けて詠った“究極のラブ・ソング”だったと解釈することができます。無茶苦茶ざっくり現代語訳すると、こうなります。

【わたしが心から愛するあなたの人生が、ずーっと、ずーっと永遠に続きますように】

だからこそ、この歌は、古くから長寿を祈る祝賀の歌として親しまれてきたんです。

 

国旗と国歌が、正式に認められたタイミング

あまりに長過ぎる“暗黙の了解期間”

驚くなかれ、「国旗」も「国歌」も、ずっと前から正式に認められていた訳ではありません。

スポーツの国際大会や学校の入学式・卒業式などで見慣れた「国旗」と聞き慣れた「国歌」が法的根拠を得たのは、1999年8月13日のことです。小渕恵三総理のもと、『国旗及び国歌に関する法律』が公布・施行されたことで、国旗は「日章旗」で国歌は「君が代」と公式に決定しました。

それまではずっと、国旗も国歌も“暗黙の了解”として、“慣習”として、当たり前に使用されていたんです。これ言わば、「さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで」の期間だったと言えましょう。

「国旗制定記念日」が1月27日である理由

長い間、「日の丸」の旗が暗黙の了解で国旗扱いされてきた理由は、明治初期の1870年1月27日に制定された『商船規則』があったから。鎖国から開国へ舵を切った明治政府は、船舶の識別旗として「日の丸」を定めましたが、“国旗である”との記述はどこにもありませんでした。

『君が代』の曲もまた、1870年に薩摩藩の楽隊が初演奏したことをルーツとします。現在のメロディとなったのは1880年のことで、その当時、“国歌”として位置づけていたのは海軍省と宮内省のみでした。

終戦後、軍国主義の象徴であるとの理由から、GHQにより『日の丸』の掲揚と『君が代』の斉唱が禁止された時期もありましたが、1999年に法制化されるまでの間も、『日の丸』は“国旗”として、『君が代』は“国歌”として定着していました。

 

【3.日本の国花】実は、この国を象徴する「花」はふたつある

たくさんある四季折々の花々の中で…

梅、桜、牡丹、藤、椿、朝顔、向日葵、菊、秋桜、薔薇、桔梗、百合、水仙、蓮、沈丁花など…。

春夏秋冬、四季折々の花々を愛でることができる島国日本。国旗や国歌のように法的に定められてはいませんが、この国を象徴する「国花」が一体なにかご存知ですか?

天皇家が「菊の御紋」を使っていたり、パスポートの紋章が「菊」だったり…。だから答えは「菊!」ってのは、早とちりであります。

国花は春の「桜」と秋の「菊」

そもそも国花とは、国民からもっとも愛されている花のこと。なのに、実は、日本の国花は1種類ではありません。

ひとつ目は、春に芽吹いて満開になり、ほんの数週間で潔く散る「桜」。ふたつ目は、天皇家の象徴であり、お悔やみの場面でもお馴染みの「菊」です。

〈桜と菊の主な花言葉〉

◼桜→精神の美/純潔/優美

◼菊→高貴/高潔/高尚

そう言えば、毎週末にレースが行われているJRAの競馬でも、3歳クラシックGⅠ競走として国花を冠した「桜花賞」と「菊花賞」が長らく定着しています。
春の桜と秋の菊。どちらも四季のある日本を代表するに相応しいバックボーンがあります。これまさに、文句なしの“華の頂”だと思いませんか?

橋田撮影「桜華爛漫の華頂山知恩院三門」

 

【4.日本の国蝶】バタフライ界最強の“バタ”フライ

全国各地に生息するくせに、認知度は低め

日本の国を象徴する「蝶々」がいることを、あなたは知っていますか?
この蝶々、全国各地に生息しているのに、思いのほか認知度の低い蝶々なんです。だから、ヒラリヒラリと舞い遊ぶように姿見せた「アゲハチョウ」でもなく、パタパタと右往左往する「モンシロチョウ」でもありません。
“バタバタ走る”のは、チーズの飼い主のバタコさんですが、国蝶に選ばれし蝶は、最もバタバタ羽ばたく「オオムラサキ」です。

記念切手の発行が国蝶に選ばれたキッカケ!?

1957年、日本昆虫学会がオオムラサキを国蝶に選んだキッカケは、オオムラサキが蝶として初めて「記念切手」の図柄に選ばれたことでした。

“ちょー(蝶)適当やん”と思うエピソードに驚かされますが、なにかが決まるキッカケなんて色々あっていいと思いましょ。むしろ、当時の郵政省からのスルーパスに反応良く飛び出した昆虫学会のファインプレーやと思いましょ。

昔から高貴な「ムラサキ色」の羽を持つ蝶

オスのオオムラサキの特徴は、その名の通り、青紫色に輝く美しい羽です(メスは地味めな茶紫色)。ここでひとつ、国を代表する蝶が、昔から高貴な色として重宝されてきた「紫色」の羽を持つことに着目してみましょう。

例えば、聖徳太子が制定した『冠位十二階』の最高位が紫色でした。例えば、僧侶の階級別の衣。宗派によって多少の違いはありますが、位の高いお坊さんしか着れない衣の色が「紫衣」です。他にも、春のセンバツ高校野球の優勝旗は「紫紺」です。ちなみに、夏の甲子園の優勝旗は、国旗にも使われている「真紅」の優勝旗なんですよね。

国蝶のオオムラサキは「準絶滅危惧種」

オオムラサキの生息地は、北は北海道、南は九州までと幅広く、特に山梨県の山間部で多く観察されます。とは言え、その数は年々減少し、「準絶滅危惧種」に指定されてしまいました。

本物のオオムラサキを目にする前に、「国蝶絶滅」なんて四字熟語を目にすることがないよう、環境保全にも目を向けて見ませんか?

 

【5.日本の国鳥】勇敢なオスと母性愛あふれるメス

1947年、日本鳥学会が選んだ国鳥とは?

最後に、日本を象徴する「国鳥」に選ばれし鳥をご紹介します。なんとなーく、新潟県の佐渡島で繁殖が行われている「トキ」や、美しい容姿の「ツル(丹頂鶴)」を思い浮かべる人が多いのではと思いますが…どちらも不正解。
1947年、日本鳥学会が選んだ日本の国鳥は、某昔話の脇役として有名な「キジ」でした。

学名「ニッポニアニッポン」を差し置いて

学名が「Nipponia nippon(ニッポニアニッポン)」のトキを差し置いて、国鳥に選ばれたキジは、本州・四国・九州の広い範囲に生息しています。

緑色の体に赤い顔のオスのキジは、天敵にもひるまない勇猛果敢な性格。一方、茶色の体のメスのキジは、「焼け野の雉夜の鶴」という言葉で例えられるように、我が子を思う気持ちがとっても深いことで知られます。

勇敢なオスと母性愛あふれるメス。それが、日本を代表する鳥に選ばれた「キジ」の特徴です。

キジと聞けば思い浮かぶ、あの昔ばなし

♬お腰につけたーきびだんごー、ひとつー私にくださいなー♬

イヌとサルに続いて、モモたろさんの家来になった鳥こそ、国鳥のキジです。攻撃力高めのオスのキジが桃太郎一門による鬼退治の“飛び道具”になったエピソードで、日本人のほとんどがキジを認知していることでしょう。

ド派手な歌舞伎役者のような面構えのキジさんが「エンヤラヤ」と退治した鬼さんは、節分の日の夜、AND SPACEにも出没してました…。

イヌ・サル・キジの心持ちで歌います…

あ。この御方、鬼じゃない。左右にはみ出るソバージュとまん丸メガネのこのお姿は、社内における総選挙で最多得票を獲得し、我社の2代目社長就任が決まった堀岡定則氏でした。

社員一同、決してこの鬼さんをこらしめやいたしません。思いはひとつ。童謡『桃太郎』の3番の歌詞をそのまんま、イヌ・サル・キジの心持ちで歌います…。捧げます…。届けます…。

♬行きましょう 行きましょう あなたについてどこまでも 家来になって行きましょう♬

 

橋田

この記事を書いた人

京都出身の渋みがすごい渋男。幼い頃から仏像や寺社の魅力にとりつかれ、子供ながらにお寺の写真集をおねだりするほど。物書きの原点は、大学時代に漫才コンビを組んだ際の台本づくり。その後、寺社仏閣専門誌を発行する会社に9年半勤務。仕事のモットーは、相手の立場と反応を考え、物事が誤解なく伝わるための気配りと言葉選び。座右の銘は「笑われるより笑かしたい」。幼少期から続ける野球は、早打ちの癖が抜けない。